車中泊をしていると、外から見られているのではないかと気になることがあります。

やはり目隠しは必要です。

カーテンかシェードを取り付けるとよいですね。

目隠しだけでなく、日光を遮る効果もあります。

ここでは、カーテンとシェードを自作で付ける方法をご紹介します。

スポンサーリンク

【車中泊】突っ張り棒をカーテンレールにDIY

車のサイドのガラスにカーテンを付けます。

ここでは、突っ張り棒を使った方法です。

この付け方で、もっとも重要なのが突っ張り棒の固定です。

しっかり取り付けないと、すぐに落ちてしまいます。

配線用のフックを使います。

100均でも売っています。


これにドリルで穴を開けます。

車の天井パネルをとめているクリップを外して、そのクリップでフックも一緒に差し込みます。

ピラー部分の隙間に差し込むなど、工夫すれば、フックをうまくとめることができます。

車種によっては、同じ方法ではできないかもしれませんが、いろいろ試してみるとよいです。

何かよい方法があると思います。

後は、フックの形状を変えて、突っ張り棒を乗せることができるようにすればよいだけです。

最後に、カーテンリングでカーテンを掛ければOKです。

スポンサーリンク

【車中泊】カーテンワイヤーをカーテンレールにDIY

カーテンワイヤーを使った方法をご紹介します。

カーテンを付けたい場所(両端)に配線用のフックを取り付けます。

その長さに、ワイヤーを切断します。

通常、カーテンワイヤーにSフックがセットになっています。

そのS字フックを切断したワイヤーの両端にねじ込みます。

その後、S字フックを配線用のフックに掛けます。

これだけでは、真ん中部分が垂れてしまうので、間にも配線用のフックを付けておくとよいでしょう。

後は、カーテンをカーテンクリップなどで掛けるだけです。


【車中泊】マグネット付きカーテンを購入

ここは、自作でなく、おすすめの商品の紹介になります。

マグネットが取り付けてあるカーテンが販売されています。

このカーテンなら、何の作業もせず、ワンタッチでカーテンを付けることが出来ます。

マグネットを窓枠の金属部分に貼り付けるだけです。

【車中泊】カーテンを100均グッズで自作

実は100均に行くと、車用のカーテンが販売されています。

カーテンの両端を吸盤で止めるだけの優れものです。

窓ガラスに吸盤をくっつけます。

ただし、100均ということで、カーテンが非常に薄いです。

昼間だと、透けて見えてしまいます。

2重に重ねるなど、工夫次第では、少しはマシになります。

完璧を求める人は、他の方法を実践した方がよいです。

車中泊 カーテン 自作

【車中泊】カーテンよりもシェードがおすすめ

フロントガラス用のサンシェードが売られています。

100均で売られている200~300円ぐらいの安いものを使うとよいです。

このサンシェードを窓ガラスの大きさに切ります。

きれいに仕上げたいのなら、新聞紙などで型を作った方が無難です。

窓ガラスの大きさに切ることが出来れば、窓ガラスの枠の金属に当たる部分にマグネットテープを貼り付けます。

これで、マグネットの力でサンシェードの脱着が簡単にできるようになります。



サンシェード以外に、プラダンダンボールを使う方法もあります。

材質は違っても、やることは同じです。

窓ガラスの大きさに切り取るだけです。

プラダンやダンボールは、サンシェードに比べてしっかりしています。

そのため、窓ガラスの大きさぴったりに切る取ることが出来れば、マグネットテープは不要です。

そのまま窓ガラスに押し当てるだけでくっつきます。



スポンサーリンク

魚介類のお取り寄せ通販おすすめランキング

年末年始用としてカニやおせちを購入する方が多いです。そのため、早めに購入しないとすぐに売り切れてしまいます。早めの購入がおすすめですよ!カニなどの魚介類・おせちの通販ふるさと納税に関しては、こちらの姉妹サイトでご紹介しています!魚介類の旬・栄養・食べ合わせなどについての情報も掲載しています。

 

魚介類のお取り寄せ通販おすすめランキング

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事