メジナと言えば、磯や堤防でのウキフカセ釣りが人気です。

初心者には非常に難しそうなイメージがあります。

確かに奥が深い釣りなので、すぐにマスターできないかもしれません。

しかし、決して初心者が始められない釣りではありません。

ここでは、メジナのウキフカセ釣り仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

メジナのウキフカセ釣りの時期

メジナのウキフカセ釣りの時期についてご紹介します。

ウキフカセ釣りには、夏~秋に行くとよいです。

梅雨が釣りやすいです。

はエサ取りが多いので、厳しい釣りが予想されます。

釣りごたえはあるので、自信のある人はチャレンジしてもよいでしょう。

にも釣れますが、水温が下がるので釣りにくくなります。

ただ、大型(寒グレ)が釣れて、しかもおいしいので、冬に釣りに行く人も多いです。

やってみる価値は十分あります。

メジナのウキフカセ釣り仕掛け
スポンサーリンク

メジナ釣りのウキフカセ仕掛け

メジナ釣りのウキフカセ仕掛けについてご紹介します。

磯や堤防からのメジナ釣りでは、ウキフカセ釣りがおすすめです。


仕掛けは、次のとおりです。

ここでは、半遊動仕掛けについて解説します。

メジナのウキフカセ釣り仕掛け

竿

竿は、磯竿の1~2号がおすすめです。

堤防なら、波止用の万能竿でもOKです。

長さは、4~5mを使います。


リール

リールは、スピニングリールを使います。

サイズは、2500~3000番がおすすめです。

ドラグ性能の優れたものか、レバーブレーキ搭載のものがよいです。


ライン

ラインは、ナイロンの2~4号を使います。


ウキ

ウキは、円錐ウキのB~3Bを使います。

棒ウキでもよいです。


ハリス・針

ハリスは、フロロカーボンの1.2~2号3~5mセットします。

針は、グレ針5~10号を使います。

メジナのウキフカセ釣りのエサ

メジナのウキフカセ釣りのエサについてご紹介します。

ウキフカセ釣りでは、刺し餌と撒き餌を用意しないといけません。


刺し餌には、オキアミを使います。

オキアミを針に付ける際には、まず尻尾を切り落とします。

その後、尻尾の方から針を刺し、オキアミがまっすぐになるように付けます。

オキアミが、曲がってしまわないようにします。


撒き餌には、オキアミを混ぜ込んだ配合エサを使います。

冷凍のオキアミと配合エサを持参し、海水を入れて作ります。

海水の量は、配合エサのパッケージに記載のものより少なめに入れます。

はじめからたくさん入れてしまうと、後で調整できないためです。

撒き餌の硬さは、潮流の速さなどに合ったものにしないといけません。

状況にもよりますが、耳タブくらいの硬さがよいと言われています。

あとは、実際に使って硬さを変えていきます。

この辺は経験を積んで覚えていくしかありません。


配合エサの種類に注意が必要です。

配合エサには、比重が重いもの比重が軽いものがあります。

比重によって、沈下速度が変わってきます。

一般的には、夏は比重が軽いもの、冬は比重が重いものを使います。

夏と冬ではエサ取りの量が異なるので、このように使い分けるのです。

メジナ釣りのウキフカセの場所・ポイント

メジナ釣りのウキフカセの場所・ポイントについてご紹介します。

ウキフカセ釣りの場所は、堤防がおすすめです。

本格的にメジナ釣りを楽しみたい人には、磯釣りをおすすめします。

ただ、磯釣りをするには、堤防釣り以上に揃えないといけない道具があります。

しかも、堤防釣りのようにはなかなか気軽には行けません。

そのため、磯釣りは敷居が高いと感じている人が多いです。

ススム
必ずしも磯で釣らないといけないわけではありません。

堤防でもメジナ釣りは十分楽しめます。

次のようなポイントがおすすめです。

防堤では、テトラやケーソン、障害物など潮の流れに変化があるところが好ポイントとなります。

では、根などの障害物周辺やサラシ、潮目などが狙い目となっています。

どのポイントであっても、潮通しのよいところでないといけません。

メジナ釣りのウキフカセの釣り方

メジナ釣りのウキフカセの釣り方についてご紹介します。

狙うポイントが決まれば、どこから撒き餌を撒けばよいのかを考えます。

そのため、潮の速さと流れる方向をチェックします。

きちんと潮の流れを把握することが大切です。


まず、撒き餌を撒きます。

その後、仕掛けを投入します。

基本的には、刺し餌と撒き餌がうまく同調するようにしないといけません。

仕掛けを流しながら、適度に撒き餌を撒きます。

ウキにかぶせるように撒くとよいです。

潮が払い出す場所では、足元に撒けばよいです。


エサの状態を確認して、狙うタナを変えていきます。

つまり、ウキ下の調整をします。

エサが残っている場合はタナを下げ(ウキ下を長く)、エサが取られている場合はタナを上げ(ウキ下を短く)ます。

ウキ下がきちんと合わないと、メジナは喰ってくれません。

何度も仕掛けを回収して調整していきます。

それでも喰ってくれなければ、針を小さくしたり、オモリを軽くするのも効果的です。


メジナが喰ってくると、小さな前当たりがあります。


その後、ウキが海中に消えていきます。
この状態になれば、しっかり合わせます。


竿を立てて、竿のしなりを利用してやり取りするとよいです。

根に潜られないように注意して巻き上げます。

参考動画



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事