釣りのターゲットとして人気の高いイサキ。

食べても非常においしいです。

船釣りのイメージが強いですが、堤防や磯からでも狙えます。

ここでは、イサキ釣りの時期と時間帯についてご紹介します。

スポンサーリンク

イサキとは?

イサキは、船で釣るというイメージが強いですが、堤防などからも狙えます。

非常に人気が高い魚です。

イサキ釣りの時期

イサキは、スズキ目イサキ科に属する魚です。

若魚には縞模様が入っており、成長と共に消えていきます。

この縞模様が、イノシシの子と似ているところから、若魚はウリボウと呼ばれることがあります。

ただ、成魚でも春と夏には模様が出てきます。

体長が50cmを超えるものもいます。

産卵は5~8月に行います。


イサキは、東北地方以南の沿岸の岩礁帯などに生息しています。

潮通しのよいところを好みます。

日中は海底付近で群れていますが、夜間はエサを求めて中層から表層付近まで浮いてきます。

日中はカゴ釣りで、夜間はウキ釣りがおすすめです。

エビ類や虫類を好んで食べます。

スポンサーリンク

イサキ釣りの時期のおすすめ

イサキ釣りの時期のおすすめについてご紹介します。

イサキ釣りは、初夏から秋まで(5~11月)がおすすめの時期です。

中でも、5~7月がベストシーズンです。

この時期は、乗っ込み(産卵)の時期です。

が釣れる上、良型を狙うこともできます。

イサキ釣りの時間帯のおすすめ

イサキ釣りの時間帯のおすすめについてご紹介します。

時間帯は、夜間がおすすめです。

夜間になると、活発にエサを探して浮いてきます。

そのため、日中よりも釣りやすいです。

ススム
もちろん、日中にも釣ることはできます。

イサキの旬!何月がおいしい?

イサキの旬についてご紹介します。

釣れる時期はわかりましたが、食べておいしいのはいつなのでしょうか?

イサキの旬は、5~7月です。

釣りのベストシーズンとほぼ同じです。

この時期のイサキは、寒い冬を越えて脂がたくさん乗っています。
しかも、産卵期前なのでよく食べて栄養たっぷりです。
おいしくないはずがありません。

しかも、産卵前の個体なら、白子がお腹の中に入っています。

逆に、産卵後は味が落ちてしまうのであまりおすすめできません。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事