魚介類の旬の時期・栄養・食べ合わせ・保存方法・通販・ふるさと納税などに関するお得情報はこちら


霞ヶ浦はテナガエビの漁獲量日本一です。

湖岸には消波ブロック帯が広がっているので、ポイントは無数に存在しています。

利根川にもテナガエビの好ポイントがあります。

ここでは、テナガエビの霞ヶ浦・利根川エリアにおけるポイントをいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

大井戸公園周辺(霞ヶ浦)

大井戸公園の前には、複雑に入り組んだ消波ブロック帯が続いています。

ここはテナガエビ釣りの人気スポットです。

少し離れたところに、オカメタナゴ釣り場として人気の大井戸ドックがあります。

目の前から沖の方まで広範囲を探るとよいです。

向かい風が吹くと、波が立って釣りができないこともあります。


スポンサーリンク

八木干拓(霞ヶ浦)

八木干拓の消波ブロック帯でテナガエビが釣れます。

足場のよい護岸で釣りやすいです。

昔から好ポイントして人気があります。

消波ブロック周辺を丹念に探っていくとよいです。

テナガエビはたくさんいるので期待できます。


手賀排水機場前周辺(利根川)

手賀排水機場前には、足場のよい護岸が広がっています。

護岸の前には消波ブロック帯があります。

護岸と消波ブロックの間のすぐ目の前で釣ることができます。

このポイントは干満の差が大きいです。

先ほどまで見えていた消波ブロックが、満潮になると水没してしまいます。

釣り場は広いので、いろいろなポイントを探るとよいです。


与田浦水道

与田浦水道は止水エリアとなっています。

のどかで心が癒やされます。

鹿島鉄道と東関東自動車道に挟まれた水域がおすすめのポイントです。

ここには棒杭があり、その周辺にテナガエビがいます。

そのため、棒杭周辺を探りながら移動していくとよいです。



霞ヶ浦・利根川エリアには、まだまだ開拓されていないポイントがあります。

消波ブロックのある場所にテナガエビがいることが多いので、消波ブロックを目安として新たなポイントを探してみると楽しいです。


関連の人気記事




励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事