テナガエビ(手長エビ)釣りは手軽に行える釣りです。

初心者は、実績のある釣り場に行く方がよいです。

その方が釣れる確率が高まります。

ここでは、テナガエビの荒川におけるポイントをいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

【テナガエビ釣り場①】旧岩淵水門周辺

旧岩淵水門周辺は、荒川ではよく知られたテナガエビ釣りスポットです。

シーズンの休日になると、足場がよいので家族連れが多いです。

ポイントは2カ所あります。

水門の手前にある岩場と水門を渡ったところにある小島です。

潮の干満によって、水位が大きく変わります。

潮の状況を事前にチェックしておいた方がよいです。


スポンサーリンク

【テナガエビ釣り場②】戸田漕艇場周辺

戸田漕艇場から土手を越えた荒川沿いにある約5Kmの消波ブロック帯がポイントとなっています。

笹目川と合流する辺りはあまりよくありません。

もう少し下流の戸田公園辺りがおすすめです。

潮の状態によって釣りやすい場所が変わります。

釣りやすい場所を見つけて釣るとよいです。

この辺りは根掛かりが少ないです。


【テナガエビ釣り場③】西新井橋周辺

西新井橋周辺にも、小さなポイントがあります。

橋の下には捨て石があり、下手には棒杭が並んでいます。

おすすめのポイントは橋の下のゴロタ場です。

捨て石や棒杭の周りを狙うとよいです。

十字天秤仕掛けがおすすめです。

潮止まりから潮が動き始めたタイミングが狙い目です。

一気に釣れ出すことがあります。

長靴を履いた方がよいです。


【テナガエビ釣り場④】扇大橋周辺

扇大橋周辺は、非常に人気の高いポイントの1つとなっています。

シーズンになると多くの釣り人がやって来ます。

扇大橋の足立小台駅側は、電車釣行の家族連れなどが多いです。

護岸の下には、捨て石が敷かれています。

満潮前後は護岸から、水位が下がるとゴロタ場から釣ることができます。

根掛かりに強い十字天秤仕掛けがおすすめです。

干潮前後になると、棒杭が現われます。

その向こうのカケアガリでよく釣れます。

釣り人が多い場合は、対岸のゴロタ場で釣ってもよいです。


【テナガエビ釣り場⑤】木根川橋周辺

木根川橋から約500m下流に消波ブロック帯があります。

大小の捨て石が敷かれています。

少年サッカー場が近くにあるのですぐにわかります。

ここは、テナガエビがたくさんいる実績のあるポイントです。

ただし、根掛かりが多いので十字天秤仕掛けがおすすめです。


【テナガエビ釣り場⑥】平井大橋周辺

平井大橋周辺は、荒川で人気の高いテナガエビ釣りポイントです。

橋の下には、捨て石が所々敷かれています。

護岸から竿を出して釣ります。

根掛かりはそれほど心配ありません。

水位が高ければ、すぐ目の前でも釣れます。

近くにはゴロタ場がありますが、ここは根掛かりが多いです。


【テナガエビ釣り場⑦】千代田鉄橋周辺

千代田鉄橋周辺は、日陰になるテナガエビの好ポイントとなっています。

護岸は広いので、家族連れでもOKです。

護岸下には、適度に捨て石が敷かれています。

干潮になると、干上がってしまいます。

そのため、水位の高い時間帯に護岸から釣るとよいです。

根掛かりは、それほど心配しなくてもよいです。


【テナガエビ釣り場⑧】笹目橋上流

笹目橋上流の右岸には、300mほど消波ブロック帯が続いています。

3列のコンクリ-トブロックがあります。

もっとも沖側のブロックが見えるくらいの時が釣り頃です。

ブロックの隙間に仕掛けを投入して狙います。

足元で釣るので、短めの竿が使いやすいです。


【テナガエビ釣り場⑨】江北橋周辺

江北橋周辺でも、テナガエビがよく釣れます。

おすすめは、橋の左岸(足立区側)です。

橋の下にはゴロタ場があります。

ただし、テナガエビが狙えるのは干潮前後だけです。

満潮になると、流れが速くなるので釣るのが難しくなります。

満潮時は、対岸の右岸がおすすめです。

こちらの石積を狙います。


【テナガエビ釣り場⑩】隅田水門周辺

隅田水門は、隅田川と荒川の間にある門です。

シーバス釣りで人気の釣り場です。

この釣り場は、水門の荒川上流部にある護岸です。

障害物やヘチ周辺を探ります。

干潮のタイミングが狙い目です。



荒川には、他にもテナガエビ釣りのポイントがたくさんあります。

新たなポイントを開拓してみるのも楽しいですよ。


関連の人気記事



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事