オイカワをご存じですか?

近くの河川でよく見かける魚です。

オイカワは、河川における人気の釣りのターゲットとなっています。

ここでは、オイカワ釣りの時期と時間帯についてご紹介します。

スポンサーリンク

オイカワとは

オイカワは、コイ科ハス属に分類される魚です。

淡水魚です。

関東ではヤマベ、関西ではハエと呼ばれることもあります。

カワムツやウグイなどと共に馴染み深い魚となっています。

オイカワ釣りの時期と時間帯

関東以西の河川(中~下流域)や湖沼に生息しています。

オイカワは水の汚れに強いため、生活排水が流れこむような都市部の河川でも見られます。

平瀬で流れが速い場所を好みます。


オイカワは15cm前後まで成長します。

オスの方がメスより大きいです。

普段は背部は灰青色、腹部と体側は銀色です。

雑食性のため、何でもよく喰います。


産卵は5~8月に行います。

繁殖期になると、オスの体側に婚姻色が現われます。

青緑とピンクできれいです。

メスは色が変わりません。

そのため、繁殖期はオスとメスを見分けるのは簡単です。

しかし、繁殖期以外は見分けるのが難しいです。

オスの方が大きいことと、オスの方がシリビレが長いことで判断するしかありません。

スポンサーリンク

オイカワ釣りの時期

オイカワ釣りの時期についてご紹介します。

オイカワは、基本的には年間を通して釣ることができます。

釣りやすい時期は春~秋頃にかけてです。

オイカワがエサを求めて活発に動き回るためです。

初心者はこの時期に釣りに行くとよいです。


食べることを重視して釣りに行くのならです。

他の時期は、淡水魚独特の臭みがあるためです。

そのため、冬だけ釣りに行く人も多いです。

オイカワ釣りの時間帯

オイカワ釣りの時間帯についてご紹介します。

オイカワは、基本的には日中ならいつでも釣れます。

そのため、それほど時間帯を気にする必要はありません。

ただ、他の魚同様に朝夕マズメは狙い目となっています。

朝夕マズメは、活性が上がるので釣りやすいです。

朝早くから釣りに行くのがおすすめです。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事