オイカワは身近な川で釣ることができる魚です。

小気味よい引きを楽しむことができます。

オイカワはいろいろな釣り方があります。

ウキ釣りが面白いです。

ここでは、オイカワのウキ釣り仕掛けと釣り方・エサについてご紹介します。

スポンサーリンク

オイカワのウキ釣り仕掛け

オイカワのウキ釣り仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは、次のとおりです。

オイカワのウキ釣り仕掛けと釣り方・エサ

竿

竿は硬調の清流竿やハエ竿を使います。

長さは3.6~5mです。

道糸

道糸は、ナイロンの0.4~0.6号を使います。

ウキ

ウキはトウガラシウキを使います。

オモリ

オモリはガン玉板オモリを使います。

ウキの浮力調整のために使います。

ハリス

ハリスはフロロカーボンの0.3~0.4号を使います。

長さは5~20cmです。

針は渓流3~4号を使います。

袖針でOKです。


市販の川用ウキ仕掛けを使うとよいです。

竿の長さによって仕掛けの長さを選びます。

夏の膝下ほどの深さの平瀬を狙う場合は、ハリスは5cmほどにカットします。

その方がウキにアタリが出やすいです。

スポンサーリンク

オイカワ釣りのエサ

オイカワ釣りのエサについてご紹介します。

ウキ釣りのエサとしては川虫がおすすめです。

特に、夏の暑い時期に有効です。

川にある大きめの石を持ち上げると、そこに川虫が付いています。

それを使うとよいです。

川虫の硬い胴の真ん中に針を刺します。

他には、ミミズや練りエサ、サシなどでもOKです。


マキエを使うことがあります。

マルキューの「小鮎マキエ」など市販のものを使うとよいです。

オイカワのウキ釣り仕掛けと釣り方・エサ

オイカワのウキ釣りの釣り方

オイカワのウキ釣りの釣り方についてご紹介します。

まず、ウキ下を調整します。

ウキ下は水深よりも少し短めにします。


狙ったポイントへ仕掛けを投入します。

ウキを先行させて仕掛けを流していきます。

少し深い場所から浅くなるカケアガリに流すとよいです。

たまに道糸をピンと張ってやると、よい誘いがかかります。

魚がエサを喰ってくると、何回かウキを上下に動かした後引き込みます。

引き込んだら、軽く竿を立てて合わせます。

針掛かりすれば、竿を立てて寄せます。

目の前まで来れば、魚を抜き上げます。


アタリがなければ、いろいろな場所を流してみます。

反応のある場所を探ります。

オイカワをマキエで寄せて釣る方法

オイカワをマキエで寄せて釣る方法についてご紹介します。

マキエを撒くと、魚が集まってきます。

効率よく釣りたいのなら、マキエを使った方がよいです。

狙ったポイントの上流にマキエを投入します。

釣り始める前に3~4個ほど撒いて、魚を寄せます。


マキエが効いているポイントの少し上流に仕掛けを投入します。

そうすれば、マキエとエサが同調して喰いやすくなります。

後は、流れに乗せて流していきます。

たまに道糸を張ってやると効果的です。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事