最近は、堤防でのルアー釣りが人気です。

アジやメバル、シーバスなどを狙う釣り人をよく見かけます。

海でのルアー釣りに興味があるなら知っておいて損はありません。

ここでは、海の堤防でのルアー釣り仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

ルアー釣りの種類【海】

ルアー釣りの種類についてご紹介します。

フィッシュイーターなら、ルアーで狙えます。

そのため、海でもさまざまなルアー釣りが楽しめます。

ルアー釣りの仕掛け

ルアーと言っても、いろいろな種類があります。

ルアーは、大きく分けると次の2つがあります。

  • ソフトルアー
  • ハードルアー


ソフトルアーと言えば、ワームです。

ジグヘッドリグやテキサスリグで使われることが多いです。

アジングメバリングなどが有名です。

他には、カサゴやシーバス、ヒラメ、タチウオなども釣れます。


ハードルアーには、次のようなものがあります。

ルアーの種類 特徴・対象魚
ミノー 魚型をしていて、リールを巻くだけで、小魚の動きを演出してくれるルアーです。
フローティングやシンキングなどいろいろなタイプのものがあります。
どの層にいる魚を狙うかで使い分けます。

メバル、シーバス、ハマチ、ヒラメ、タチウオなど
バイブレーション 魚型をしていて、リールを巻くだけで、小刻みに震えながら動いてくれるルアーです。
さまざまな音を鳴らしてくれるものもあり、アピール力が強いことで知られています。
ある程度の重さがあるので、遠投に向き、底を攻めやすいです。
フローティングやシンキングなどいろいろなタイプのものがあります。

シーバス、ヒラメ、タチウオなど
メタルジグ 重さがあるので、遠投することができるルアーです。
沈下速度が速いです。
広範囲を探るのに適しています。

アジ、メバル、カサゴ、シーバス、ハマチ、ヒラメ、タチウオなど

ススム
どのルアーを使って釣るのかは、対象魚や海の状況などによって決めればよいです。

釣れない時は、さまざまな釣り方を試してみます。

そのためにも、いろいろなルアーを準備しておきます。

スポンサーリンク

ルアー釣りで釣れる魚と時期

海で釣れる魚の種類と時期は、次のとおりです。

対象魚 時期 最盛期
アジ 5~12月 6月、10~11月
ハマチ 8~12月 10~11月
シーバス 3~12月 3~6月、9~11月
ヒラメ 3~6月、9~12月 4~5月、10~11月
タチウオ 6~1月 8~10月
メバル 11~6月 12~4月
カサゴ 11~4月 12~2月

これは、あくまで目安です。

他にもいろいろな魚が釣れます。

これ以外の時期でも釣れることはあります。

ルアー釣りの仕掛け

ルアー釣りの基本的な仕掛け

ルアーと言っても、たくさんの種類があります。

どのルアーを使うにしても、基本的な仕掛けは同じです。

仕掛けは、次のとおりです。

ソフトルアー仕掛け

ルアー釣り 仕掛け

ハードルアー仕掛け

ルアー釣り 仕掛け

ルアー釣りの竿のおすすめ

竿は、狙う魚専用のロッドがおすすめです。

釣り方にも注意が必要です。


ソフトルアーとハードルアーとでは、使用する竿が若干異なります。

それぞれについてみていきます。

一般的な例をご紹介します。

ソフトルアー

ジグヘッド&ワーム仕掛けで使う竿についてです。

一般的には、アジングロッドやメバリングロッドが使われます。

もちろん、対象魚によっても変わってきます。

長さは、6~8フィートが使いやすいです。


ハードルアー

ミノーやバイブレーション、メタルジグなどの仕掛けで使う竿についてです。

シーバスロッドやバスロッド、エギングロッドなどがよく使われます。

使用するルアーの重さに注意が必要です。

長さは、7~10フィートが使いやすいです。

ルアー釣りのリールのおすすめ

リールは、スピニングリールをおすすめします。

おかっぱりからの釣りなので、キャストは必須です。

遠投しなければならないことも多いです。

そう考えると、バックラッシュしないリールを選んだ方がよいです。

サイズは、2000~3000番が一般的です。

しかし、青物など大型魚が釣れる可能性があるのなら、大きめの4000番がおすすめです。

ルアー釣りのラインのおすすめ

ラインは、PEなら0.6~1号、ナイロンなら1~4号を使います。

対象魚などによって、号数はかなり変わります。

PEが最近の主流となっています。

ルアー釣りのリーダーのおすすめ

リーダーは、フロロカーボンの3~6号がおすすめです。

1~1.5mセットしておきます。

特に、PEは根ズレに弱いので、リーダーは必須です。

ライン同様に、対象魚などによって号数はかなり変わります。

ルアー釣りのルアーのおすすめ

基本的には、対象魚や釣り方によって使用するルアーの種類や重さが異なります。

そのため、対象魚や釣り方によって選びます。


もっともおすすめするルアーは、メタルジグです。

近くから遠くまで、表層から底まで幅広く探ることができるためです。

メタルジグ以外では、シンキングミノーメタルバイブを用意しておくとよいです。

メタルジグは縦の誘いですが、シンキングミノーやメタルバイブは横の誘いが可能となるためです。


一般的なショアジギングでは、次のようなルアーを準備します。

20~40gのメタルジグを使うことが多いです。

カラーは、ピンク・ブルー・ゴールド・シルバーが定番となっています。

始めは、重めは40g、カラーは定番を中心に揃えるとよいです。

数が少ないうちは、よく似たカラーよりもまったく異なったカラーを選ぶようにします。

そして、徐々に増やしていけばよいです。

ルアー釣りのフックのおすすめ

ルアーに付けるフックについてです。

慣れるまでは、フロントにシングルフック1つか、リアにトリプルフック1つがよいです。

おすすめは、根がかりの少ない前者です。

中層~表層を狙う場合は、リアにフックを付けるとよいです。

堤防でのルアー仕掛けの釣り方のコツ

堤防でのルアー仕掛けの釣り方のコツについてご紹介します。

使うルアーによって、釣り方はいろいろです。

ルアーの特性を活かした釣り方があります。

ここでは、一般的なルアーの釣り方をご紹介します。


まず、ルアーをキャストします。

底に着いたら、糸ふけを取ります。

その後、ただ巻きでルアーを引いてきます。

ただ巻くだけでも、アクションして誘いがかかるようになっているルアーがあります。

巻く速さは、対象魚やその日の状況などによって変わってきます。

どのタナを引くのかも同様です。


また、ワンピッチジャークとフォールの組み合わせで誘うのも効果的です。

ワンピッチジャークとは、ロッドを1回シャクる間にリールを1回転巻く釣り方です。

ワンピッチジャークを何回か連続で行った後、フォールで沈めます。

この一連の流れを繰り返します。


他には、次のような誘い方があります。

  • リフト&フォール・・・ルアーをシャクり上げた後に、フォールで食わせる釣り方。
  • ボトムバンピング・・・底を飛び跳ねるようにアクションさせる釣り方。

これ以外にも、いろいろな誘い方があります。

対象魚などによって変わります。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事