ジギングよりも手軽にできるこということで、ライトジギングの人気が高まっています。

ライトジギングと言っても、なかなか明確にはジギングとの違いがわかりにくいです。

ここでは、ジギングとの違いやライトジギングの仕掛け・釣り方についてご紹介しています。

スポンサーリンク

ライトジギングとは

ライトジギングは、船からの釣りです。

ジギングとかなり似ています。

異なる点は、主に次の2つです。

  • 狙う水深は、30~40mほどと比較的浅いです。
  • 使用するジグは、100gぐらいまでとジギングで使うものより軽いです。


釣り方は、それほど変わりません。

対象魚は、ハマチやカンパチといった青物などの小・中型魚です。

ススム
釣りに行く場所によっては、大型魚がヒットすることもあります。


ジギングにしても、ライトジギングにしても、短いロッドを手で持ってガンガン巻き上げてきますので、魚の強烈な引きを楽しむことができます。

ジギングでしか味わえない面白さがあります。

いろいろな魚が喰ってきますので、何が釣れるのかわからないのも人気の秘密です。

ライトジギングの仕掛け(タックル)

ライトジギングの仕掛けについてご紹介します。

ライトジギングは、ジギングと違って狙う水深は30mほどと浅いです。

使用するジグも軽いです。

そのため、ジギングに比べて、使用する釣具はライトです。

仕掛け自体は、ジギングとそれほど変わりません。

ライトジギングの仕掛け(タックル)
スポンサーリンク

ライトジギングで使うロッドのおすすめ

ロッドは、ライトジギング用のロッドを使います。

スピニングリールタイプとベイトリールタイプがあります。

ガンガン速巻きで誘って釣るのなら、スピニングリールタイプが使いやすいです。

ただ、好みで選んでも問題ありません。

6~7フィートの長さのものが扱いやすいです。

適合ルアーウェイトは、100gぐらいまでのものでOKです。

ライトジギングで使うリールのおすすめ

リールは、上で述べたようにスピニングリールベイトリールのどちらを使ってもよいです。

速巻きならスピニングリール、パワフルな巻き上げならベイトリールがおすすめです。

スピニングリールなら4000番前後、ベイトリールなら中型が使いやすいです。

ライトジギングで使うライン・リーダーのおすすめ

ラインはPEの1~2号を使います。

リールには、150~200mほど巻いておくと安心です。

ラインにPEを使用するので、リーダーが必要です。

リーダーには、フロロカーボンの4~6号を使うとよいです。

長いに越したことはありませんが、最低でも3mは取ります。

ライトジギングで使うメタルジグのおすすめ

メタルジグ(ジグ)は、比較的軽めのものを使います。

使用するジグの重さは、60~100gです。

実際のところ、40~80gが多く使われます。

スーパーライトジギングと重さが重複するかもしれませんが、この辺は明確な重さの線引きがないので仕方がありません。

シルバーやブルー、ピンクなどのカラーが定番となっています。

その日の状況に応じて、変えなければならないので、いろいろと用意しておく必要があります。

ライトジギングの釣り方

釣り方については、ジギングとそれほど変わりません。

基本的には、ワンピッチジャークロングジャークで誘います。

スローで誘ってもよいです。

後は、これらをうまく組み合わせて食わせます。


ジギングの釣り方を参考にしてみてください。


参考動画



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事