ティップランという釣りが人気です。

ティップランは船での釣りです。

そのおかっぱりバージョンがショアティップランです。

ここでは、ショアティップランのロッドなどのタックルと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

ショアティップランの時期

ショアティップランの時期についてご紹介します。

エギングができる時期ならいつでもできます。

春には、大型のアオリイカを狙うこともできます。

ただ、おすすめは秋エギングです。

数が釣れるので、より楽しめます。

ススム
攻めるタナなどは、季節ごとの通常のエギングと同じでよいです。

ショアティップランのロッドなどのタックル
スポンサーリンク

ショアティップランのタックル

ショアティップランのタックルについてご紹介します。

ティップランとは、船を流してエギを水平移動させ、ティップに出るわずかな当たりを取って釣ることを言います。


では、ショアティップランとはどのような釣り方なのでしょうか?

おかっぱりでの釣りなので、当然船で釣るようには釣ることができません。

そのため、誘い方はかなり異なります。

しかし、ティップに出るわずかな当たりを取って釣ることは同じです。

このことから、ショアティップランと言われるようになったようです。


ショアティップランの仕掛けは、次のとおりです。

ショアティップランのロッドなどのタックル

必ずソリッドティップのエギングロッドを使います。

穂先が細くてしなやかなので、わずかな当たりも逃しません。

こういった高感度ロッドでないと、ショアティップランは難しいです。

チューブラーティップのエギングロッドでは当たりが取れません。


リール・ライン・リーダー・エギについては、通常のエギングとほとんど同じです。


ショアティップランが有効なのは?

ショアティップランはどのような時に有効なのかについてご紹介します。

ショアティップランエギングだからと言って、特別な場所でしかできないわけではありません。

水深が深いところの方がよいですが、浅場でもできます。

エギングができるところなら、大抵はできるということになります。


ショアティップランは、どのような場合有効なのでしょうか?

シンカーをプラスして釣るような状況の時がおすすめです。

具体的には、次のような時です。


風が強い時

風が強いと波が立ちます。

そうすると、軽いエギでは波にもまれてまともに釣りをすることが困難になります。

重くしたエギなら、操作性が上がるので、何とか釣りになります。


潮が速い時

潮が速いと、エギの着底が非常にわかりにくいです。

重くしたエギなら、着底がわかりやすくなります。

しかも、フォール時の姿勢が不安定になりにくいです。


深場を狙う時

深場を狙う時、軽いエギでは着底までに時間がかかってしまって効率が悪いです。

重くしたエギなら、スムーズに沈んでいきます。

フォール時の姿勢が安定しやすいのもメリットです。

ショアティップランの釣り方

ショアティップランの釣り方についてご紹介します。

釣り方は、次のとおりです。

まず、狙ったポイントへ仕掛けをキャストします。

通常のエギングと同様、シャクリを入れて誘いをかけます。

シャクッた後、ラインに少しテンションをかけて待っていると、ティップに当たりが出ます。

わずかに穂先が曲がるような繊細な当たりです。


他には、エギをただ巻きで水平移動させるのもよいです。

巻きシャクリ+ただ巻きでの水平移動+フォールを組み合わせて誘うのも効果的です。


どのような誘い方にしても、小さな当たりを逃さず、アオリイカを掛けて釣ります。

これが、ショアティップランエギングの醍醐味です。


繊細な当たりを取ることができるのは、ソリッドティップロッドを使っているためです。

ソリッドティップロッドがなければ成立しない釣りです。


風がない日は、ロッドを縦に構えることで当たりを取りやすいです。

風が強い日は、ロッドを立てない方が釣りやすいです。


穂先に集中して、小さな当たりでもあれば、即合わせします。

アオリイカがエギに乗れば、ラインを張った状態でやり取りをします。

無理は禁物です。

事前にドラグの調整を行っておきます。

参考動画



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事