船のタコ釣りは、エギを使った釣りが人気です。

しかし、タコスッテを使ってもよく釣れるので、タコスッテ釣りが少しずつ注目されるようになってきています。

ここでは、タコスッテの選び方とおすすめについてご紹介します。

スポンサーリンク

タコスッテの選び方

タコスッテの選び方についてご紹介します。

スッテと言えば、イカ釣りのイメージが強いです。

それならば、イカ釣り用スッテでも釣れるのではないかと考える人もいるでしょう。

しかし、タコ釣りにはタコ専用のスッテを使うようにします。

タコとイカでは重さや引き込む力などが異なるので、スッテの強度が異なるためです。

タコスッテの選び方とおすすめ

スッテには、オモリが付いていません。

そのため、エギのように重さで選ぶことはできません。

重さではありませんが、スッテのサイズが異なるタイプを揃えている商品があります。

タコの大きさなどでサイズを選ぶことができる場合があります。


タコスッテを選ぶ上でもっとも重要なのはカラーです。

ピンク系やグリーン系、イエロー系がよく釣れます。

エギ同様、カラーはやってみないとどのカラーがよいのかはわかりません。

それだけに、定番カラー+αで準備しておくとよいです。

2~3個掛けが主流のため、定番カラーだけでなく、それ以外のカラーも組み合わせておくと、ライバルに差を付けることができるかもしれません。


あと、タコスッテにスカートなどが付いていて、キラキラ輝くヒラヒラでタコへのアピール度を高めているものもあります。

個人的には、スカートなどの飾りはそれほど重要ではないと考えています。

なくても十分釣れます。


最後に、タコスッテの中にはエサを付けられるタイプのものがあります。

タコスッテのゆらゆらした動きだけでなく、エサでもアピールできます。

それだけに、普通のタコスッテへの反応がイマイチでも、エサへの反応がよい時は大きな武器となります。

キビナゴなどのエサを用意する必要はありますが、用意しておいて損はありません。

スポンサーリンク

タコスッテのおすすめ

タコスッテのおすすめについてご紹介します。

ふわっと大きく踊ります。

ラトル入りなので音でもアピールすることができます。

ダブルグロー(グロー&ブルー夜光)ボディやホログラムヌリボディ(フラッシング)のものがあります。

フッキングしやすいエイトフックが搭載されています。

特に、カニがおすすめです。


基本的な特徴は「タコやん 船スッテ」と同じです。

大きな違いは、エサを巻けるようになっていることです。

ササミやキビナゴ、豚の脂身などを巻き付けます。

渋い時におすすめです。


船からバーチカルにタコを狙うのにおすすめです。

浮力の強い桐の木がボディに使われているので、ゆらゆらと漂ってタコにアピールします。

根掛かりも防ぎます。

大型のタコが抱いてきても問題なく釣り上げることができます。




スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事