魚を釣れば、締める釣り人が多いです。

それは、締めると死後硬直を遅らせることができるためです。

結果としておいしく食べられます。

タコも同じです。

せっかく釣ったのですから、おいしく食べられるようにしたいですね。

ここでは、タコの簡単な締め方をご紹介します。

スポンサーリンク

タコを締める2つの方法とは?

タコを締める2つの方法についてご紹介します。

魚は、エラを切るなどして血抜きをします。

タコも同じようにしたいところですが、魚とタコとではまったく異なります。

タコの簡単な締め方

では、タコはどのように締めればよいのでしょうか?

締め方には、いくつかの方法があります。

次の2つ方法がよく知られています。

  • ナイフで刺す締め方
  • 頭を裏返す締め方

スポンサーリンク

タコをナイフで刺す締め方

タコをナイフで刺す締め方についてご紹介します。

ナイフで刺してタコを締めることができます。

どこを刺してもよいというわけではありません。

タコの急所を刺さなくてはなりません。

ナイフの代わりにピックを使ってもOKです。

その急所とは、目と目との間です。

ここをナイフで刺すと、体の色が変わります。

色が変われば、きちんと締められています。



タコを締めるための便利なアイテムがあります。

船匠の「蛸匠の絞め具」です。

これを使うと、簡単にタコを締めることができます。

タコの口から差し込み、目と目の間に硬い部分があるので、そこをコリコリします。

締まれば、タコが変色します。

タコの外に傷が付かないので、知り合いにあげる場合によいです。



タコの頭を裏返す締め方

タコの頭を裏返す締め方についてご紹介します。

タコの頭を裏返しても締めることができます。

このような方法で締まるのかと思ってしまいますが、きちんと締まります。

生きているタコの頭を裏返すには、少し慣れが必要です。



どちらの方法でもよいので、確実に締められる方法を1つマスターしておくとよいです。

おすすめは、上のナイフを刺す方法です。

私は、いつもナイフで締めています。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事