タコ釣りで使うエギにはいろいろな種類があります。

その中から、どのようなエギを選べばよいのでしょうか?

船釣りでも堤防釣りでも同じエギを使うことができます。

もちろん、堤防からの釣りに特化したエギ(キャスティング用)を使っても構いません。

ここでは、タコ釣りのエギの色(カラー)・重りなどのおすすめについてご紹介します。

スポンサーリンク

タコ釣りでイカエギは使えるの?

タコ釣りでイカエギは使えるのでしょうか?

アオリイカ釣りに使うエギでもよいのではという声がありそうですが、実はイカエギでも釣ることは可能です。

ただ、少し問題があります。

イカ釣りで使うエギの針の部分をカンナと言います。

カンナの針の数は多く、しかも小さくて細いです。

そのため、大きなタコの足に刺さりにくく、逃げられてしまうおそれがあります。

イカエギを改造してタコ釣りに使う人もいます。

一方のタコ釣りのエギの方は、圧倒的に大きくて太いです。

タコの足にしっかりとかかります。

タコ釣りのエギの色・重りなどのおすすめ

エギでのタコ釣りの人気に伴い、さまざまなエギが販売されるようになりました。

そのため、イカエギを使う必要はなく、タコ専用のエギを使った方がよいです。

イカエギを使うのなら、タコスッテを使った方がよく釣れると思います。

スポンサーリンク

タコ釣りのエギの重さの選び方

タコ釣りのエギの重さの選び方についてご紹介します。

仕掛けにオモリを付けるので、仕掛け全体の重さのことを考えてエギを選ばなくても構いません。

そのため、エギ自体の沈下速度を考慮して選べばよいです。


最近は、エギを同時に2~3個付けて釣るのが流行りです。

異なる重さのエギを付けておくと、アクション(沈下速度を含む)に変化をつけられるのでおすすめです。

ススム
複数個のエギが異なった動きをするので、アピール度が高まります。

タコ釣りのエギの色(カラー)の選び方

タコ釣りのエギの色(カラー)の選び方についてご紹介します。

この色なら、絶対に釣れるというものはありません。

ただ、比較的よく釣れるという色はあります。

グリーン系やレッド系、イエロー系は、経験上よく釣れます。

他にも、ホワイト系やピンク系、ブルー系などもよいです。

タコは、とにかく派手な色を好む傾向にあります。


残念なことに、日によってどの色がよく乗るのかはわかりません。

そのため、いろいろな色のエギを準備し、試してみる必要があります。

それに、先ほどまではよく釣れていても、急に釣れなくなることもあります。

このような場合は、さまざまな色をローテーションで使うとよいです。

色を交換した途端に、すぐに乗ってくることが結構あります。

タコ釣りのエギのおすすめ

タコ釣りのエギのおすすめについてご紹介します。

船釣りでは、ハリミツの蛸墨族デビルクラッカーがおすすめです。

個人的には、この2種類で十分だと思っています。

いろいろな種類のエギよりも、カラーや重さの異なる同一種類のエギを揃えた方がよいです。



堤防釣りでは、ヨーヅリ タコやんデビルエイトクローがおすすめです。

特に、キャストしても根掛かりが少ないデビルエイトクローが重宝します。





タコエギ専用のスプレー「ノリノリタコライダー」が販売されています。

タコの好きなエキスを吹きかけることができます。

このスプレーを使うと、釣果アップが期待できます。





スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事