堤防でのエギングも非常に人気が高いです。

では、堤防エギングではどのような竿を使えばよいのでしょうか?

ここでは、堤防エギングでのタコ釣りの竿(ロッド)のおすすめについてご紹介します。

スポンサーリンク

タコ釣りの堤防エギングで使う竿の選び方

タコ釣りの堤防エギングで使う竿の選び方についてご紹介します。

エギ釣りは、当たりをきちんと取れないといけない釣りです。

そのため、船釣り同様に、当たりを取りやすい穂先しっかりとした胴を兼ね備えた竿でなければ厳しいです。

特に、穂先が硬すぎるとまったく釣りになりません。

船釣りのように重いオモリを付けませんので、船で使うロッドよりライトなものでもOKです。


タコ釣り専用の竿を準備すると間違いありません。

長さは、2~3mが使いやすいです。

おかっぱり用の竿は数が少ないので、船釣りで使う竿を使用しても構いません。

タコ釣りの竿(ロッド)のおすすめ
スポンサーリンク

タコ釣りの堤防エギングで使う竿として代用できるものは?

タコ釣りの堤防エギングで使う竿として代用できるものには、どのようなものがあるのでしょうか?

いろいろな竿を代用することが可能です。

次のような竿が釣りやすいです。

おすすめは、エギングロッド(MH~H)です。

シーバスロッド(M~MH)ライトショアジギングロッド(ML~M)でも使えます。

長さは、2~3mがよいです。

他にも、使える竿はあると思いますので探してみてください。


釣れればよいというだけなら、ある程度硬めの竿なら何でも釣れなくはありません。

ただ、当たりを取ることができず、あまり釣れないかもしれませんが・・・

タコ釣りの堤防エギングのおすすめ

タコ釣りの堤防エギングのおすすめについてご紹介します。

メジャークラフト 三代目クロステージ タコ CRX-S762H/Taco

堤防などからタコを狙う専用ロッドです。

長めなので、キャストして釣るのにぴったりです。

遠投して広範囲を探っていけます。

穂先は繊細な当たりを取りやすく設計されています。

・ルアー:MAX42g
・全長:7.6フィート
・継数:2本
・PEライン:1~4号

プロックス オクトパスSP2 OTPSP2702MH

堤防などからタコ専用ロッドです。

小型のタコエギやタコジグなどに対応しています。

キャストして広範囲を探る釣りに適しています。

強力なバットのため、タコを底から一気に引き剥がせます。

・ルアー:MAX42g
・全長:217cm
・仕舞寸法:110cm
・標準自重:178g
・先径:2.4mm 
・元径:13.7mm
・継数:2本
・PEライン:3~8号

MUGEN LARCAL TAKO Compact C-70H

堤防などからのタコゲーム専用ロッドです。

穂先は少し柔らかめなので当たりを取りやすいです。

大型のタコと強引にやり取りできるバットパワーが兼ね備わっています。

キャストしての釣りや岸壁の際釣りまで幅広く対応しています。

テンヤやタコジグを使った釣りもOKです。

・ルアー:MAX56g
・全長:約215cm
・仕舞寸法:約112cm
・標準自重:177g
・先径:2.6mm 
・元径:10.8mm
・継数:2本
・PEライン:4~10号




スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事