ワタリガニは大きなハサミが特徴のカニです。

身は甘く、カニミソもおいしいことから、釣りの人気のターゲットとなっています。

ワタリガニは、港湾部からサーフまでいろいろな場所で釣れます。

実績のある釣り場に釣りに行くことをおすすめします。

ここでは、千葉のワタリガニ釣りにおすすめの釣り場についてご紹介します。

※地図に印を入れていますが、印の場所だけではなく、印を含めてその周辺の広い範囲で釣れます。

スポンサーリンク

【ワタリガニの釣り場①】九十九里海岸

九十九里海岸は、日本最大級の砂浜海岸として知られています。

九十九里海岸は、遠浅のサーフになっており、多くの河川の流れ込みにより栄養が豊富です。

ヘッドランドの建設によって、離岸流が発生しやすくなっています。

これらのことから、九十九里海岸全域はワタリガニ釣りの好ポイントとなっています。

中でも、一宮海岸と栗山川河口が狙い目です。

一宮海岸

一宮海岸は、九十九里海岸の南端に位置します。

一宮川河口周辺のヘッドライト地帯で釣ります。

このポイントは比較的水深のあるサーフです。

遠投しなくても釣れます。

離岸流が発生しやすいので、離岸流を利用して仕掛けを送り込みます。

ヒラツメガニがよく釣れます。


栗山川河口

栗山川は、栗山川漁港の近くから海につながっています。

河口はイシモチのポイントとして知られています。

遠浅サーフで、ヒラツメガニがよく釣れます。

釣り場は広大ですが、やみくもに狙うのは効率が悪いです。

ここでは、ミオと呼ばれる他よりも深くなっている場所を探っていきます。

ワタリガニは、ミオに集まっていることが多いためです。

ミオの探し方についてです。

ミオは波が崩れにくいです。

逆に、浅瀬は波が崩れやすいです。

波の立ち方でミオの場所をイメージして釣るとよいです。

時期や状況によっては、50杯以上釣ることが可能です。


スポンサーリンク

【ワタリガニの釣り場②】南房総・富浦新港

富浦新港は、大房岬の北の方にある大きな港です。

北ケイセン場とも呼ばれています。

2本の堤防があります。

海に向かって右側にある堤防の付けがポイントとなっています。

ワタリガニは、港の内側で釣ります。

外側はキスが釣れます。

水深が深いので、干潮でも釣ることができます。

仕掛けを軽くキャストして、捨て石の先を狙います。

砂地と泥の底があるので、砂地で釣るようにします。

タイワンガザミがよく釣れます。


【ワタリガニの釣り場③】富津・竹岡港

竹岡港は、白狐川河口の右岸に位置する港です。

釣人はあまり多くない穴場的な釣り場です。

2本の堤防が延びています。

ワタリガニ釣りは、海に向かって左側の堤防から港の内側・外側ともに行えます。

河口に近い堤防の付け根あたりが好ポイントです。

外側は消波ブロックが積まれているので、投げ竿を使って遠投する必要があります。

満潮前後が狙い目となっています。

上げにかけての方が、流れが緩やかなのでおすすめです。

内側は、シェードや堤防のコーナーなどを狙ってみるとよいです。

際を攻めるとよいです。

タイワンガザミが釣れます。


【ワタリガニの釣り場④】富津・大貫港

大貫港は、東京湾の出口付近に位置する港です。

サーフの中に造られているため、投げ釣りを行う人が多いです。

足場がよいので、家族連れで賑わっています。

ワタリガニ釣りは、港内奥の船溜まり付近が狙い目です。

竿1本分ほどキャストして釣ります。

ロープに引っ掛けないように注意しなければなりません。

満潮前後がおすすめです。


【ワタリガニの釣り場⑤】富津・下洲港

下洲港は、富津岬の南の方に位置する比較的大きな港です。

サーフに造られていることもあって、周辺は浅く、砂底になっています。

海に向かって左側にある赤灯堤防がおすすめのポイントです。

外側には消波ブロックが積まれています。

狙うのは内側です。

堤防の際でも釣れますが、少しキャストしてカケアガリを狙うとよいです。

他にも、港内の岸壁などからも釣れます。

際や少し沖の方を狙います。


【ワタリガニの釣り場⑥】木更津・内港公園

木更津港は、比較的大きな港です。

ハゼ釣りの人気スポットとなっています。

ワタリガニ釣りは、木更津港内にある内港公園がおすすめです。

駐車場やトイレがあります。

岸壁には手すりがあって足場がよいです。

家族連れに最適な釣り場です。

岸壁ならどこでも釣れます。

しかも、足元でよく釣れます。

障害物の少ない場所を探して釣ると、根掛かりしません。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事