ウナギは荒川でも釣ることができます。

荒川は、川幅が広いことで知られる一級河川です。

両岸には河川敷が続いています。

そのため、竿を出せるポイントは無数に存在します。

ここでは、荒川でおすすめのウナギ釣り場についてご紹介します。

スポンサーリンク

荒川ではどこでもウナギを狙える?

荒川には、ウナギが釣れるポイントがたくさんあります。

河口域から埼玉県の中流域までで狙えます。

適当な場所で釣るよりも、橋脚・水門・消波ブロック・流れに変化のある場所周辺で釣った方がよく釣れます。

夜釣りも可能です。

エサは、ドバミミズを使うとよいです。

釣ったハゼをエサにしてもOKです。


特に、次の2つの釣り場がおすすめです。

  • 江北橋周辺
  • 旧岩淵水門周辺

【ウナギ釣り】荒川でおすすめの釣り場
スポンサーリンク

【ウナギ釣り場】江北橋周辺

江北橋周辺はウナギ釣りの好ポイントとなっています。

特に、足立区側がおすすめです。

足元はゴロタになっています。

ゴロタでは根掛かりしやすいです。

そのため、少しキャストして沖の方の泥底を狙うとよいです。

川幅の半分もキャストしなくてもOKです。

夜間は、泥底の浅瀬が広がる対岸で釣るとよいです。


【ウナギ釣り場】旧岩淵水門周辺

旧岩淵水門周辺は、テナガエビ釣りの人気スポットとなっています。

足場がよいので、多くの釣人が詰めかけます。

ウナギ釣りは旧岩淵水門の離れ島です。

水門から小さな島に渡ることができます。

ここは、非常に実績の高い場所です。

干満の差が大きい釣り場です。

事前に潮について調べておいた方がよいです。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事