2019年6月1日に釣りに行ってきました。

京都府の中浜です。

ヒラマサ狙いでしたが、結果的にはマダイ釣りの釣行となりました。

マダイ釣り 釣果

この日は、波や風はありませんでした。

天気もよく、絶好の釣り日和でした。

しかし、肝心の潮があまり流れていませんでした。

今回行う完全フカセ釣りは、潮が流れていないとかなり厳しいです。

他の釣り方でも、同じことは言えますが。

潮が流れていないと、仕掛けが流れていきません。

撒き餌も効きません。

その上、マダイがエサを喰わなくなります。

まさに三重苦です。


予想通り、午前中はまったく釣りになりませんでした。

発砲ウキを付けて、強制的に流そうとしましたが、それほど効果はありませんでした。

逆に、お祭りが頻発して釣りになりませんでした。

針やハリスを小さくするなどやってみましたがダメでした。


午後になって、天秤フカセ釣りでやってみることにしました。

エサ盗りを避けて粘り強く、撒き餌を撒いてマダイを寄せます。

その甲斐あってか、40cmと45cmのマダイ2匹を釣ることができました。

それ以外は、まったくダメでした。

マダイ釣り 釣果

午後3時頃になって、再び完全フカセ釣りに戻しました。

明らかに午前中よりは、潮が動き出しています。

仕掛けが流れていくのが速くなりました。

もしかしたら、釣れる可能性があるのではと思えるようになりました。

何回か仕掛けを流して、撒き餌をたっぷり撒きました。


すると、完全フカセ釣りで念願の初ヒットです。

それほど手応えはありませんでしたが、釣り上げると40cmのマダイでした。

1匹釣れただけに、また釣れるのではという期待が高まっていきます。


先ほど釣れた80mぐらいで、連続ヒットです。

今度は強烈な引きで竿が大きく曲がりました。

これは、そこそこの大物です。

ドラグを緩めにして、ゆっくり巻き上げました。

70cmのメジロでした。

ヒラマサではありませんでしたが、うれしい1匹となりました。


午後4時30分になって、釣りが終わろうとしたまさにその時です。

ラインが一気に出ていきました。

しっかり合わせると、重量感が手に伝わってきます。

大物がヒットしたようです。

何としてもバラしたくないので、慎重にやりとりします。

今度は、マダイの独特の引き方です。

今までの経験から、60cm以上は確実にありそうです。

途中、竿が大きく持ち込まれる場面もあって、少しヒヤヒヤしながら巻き上げました。

釣り上げると、73cmのマダイでした。

久しぶりの大型マダイに興奮しました。

マダイ釣り 釣果

前半の潮の流れからすれば、坊主も十分あり得る状況でした。

しかし、諦めずに、いろいろ試しながら釣り続けたのがよかったです。

いつもこのようにうまくいくわけではありませんが、やはりとことん釣りを楽しまないといけませんね。

この日のタックルは、次のとおりです。

竿:青龍竿 300Ⅲ
リール:シーボーグ500FT
針:マダイ針12号 2本
ハリス:6号 全長10m


この日の釣果
マダイ 40~73cm 4匹

メジロ 70cm 1匹

マダイ釣り 釣果



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事