デビルエイトクローが釣れると話題になりました。

特に、堤防などの岸釣りには使ってみたいルアーです。

ここでは、デビルエイトクローの使い方やワームなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

デビルエイトクローとは

リバレッジVアームにより、クローワームは爪を上げ威嚇ポーズを取るようになっています。

ハサミの部分はゆらゆら揺れてよいアピールとなります。


ダブルリアウエイトシステムが採用されたことで、ロングキャストが可能となりました。

キャストして引いてくる際に転倒しにくいように作られています。


デビルフックは、タコにより長く抱かせてバラしません。

デビルブレードは、ブラッシング効果でタコにアピールします。

デビルエイトクローの使い方!ワームのカラーは?【タコ釣り】

タコ釣りに根掛かりはつきものと言われます。

しかし、できれば根掛かりは防ぎたいものです。

デビルエイトクローは、思った以上に根掛かりしにくいものに仕上がっています。


重さは、潮の速さなどによって選ぶようにします。

キャストする際は、ロッドの適合ルアーウェイトに注意しましょう。

スポンサーリンク

デビルエイトクローのワームとカラー

デビルエイトクローのワームは、購入時に1個付属しています。

レッドラメ、パールホワイト、グローラメ、チャートなどがあります。

毎回新品のデビルクローに変えた方がタコの乗りがよいです。

そのため、交換用のデビルクローは必要不可欠です。

デビルクローには、たくさんのカラーがあるので、よりカラーのアレンジを行うことができます。

個人的には、レッドラメパールホワイトがおすすめだと思っています。

最近では、チャートもよく釣れます。

※下の動画の後半でカラーについての解説があります。

デビルエイトクロー 使い方

基本的な釣り方は、船からでも岸からでも変わりません。

まず、軽くキャストします。

障害物周辺などにキャストすると、タコが釣れる可能性が高くなります。

ロッドさえしっかりしていれば、思った以上に遠くまでキャストできます。

仕掛けが底まで沈むのを待ちます。

着底すれば、穂先を上下に動かして(シェイク)止めます。

何回かリールを巻いて、またシェイクします。

これを繰り返します。

シェイクは、ロッドを縦に動かす方法ロッドを横に動かす方法があります。


キャストしてから、横へ歩いて移動します。

このようにすることで、斜めに引いてくることができ、より長く仕掛けを引くことができます。

デビルエイトクローは船で使えるの?

デビルエイトクローの形状を見た限りでは、堤防など岸でのオクトパッシング用という感じがします。

そのため、デビルエイトクローは船で使えるのか気になります。

結論から言うと、船からのオクトパッシングにも使えます。

公式サイトにも、ボートからのオクトパッシングもより一層楽しめるようになったという表記があります。

重いデビルエイトクローを使うか、釣り方によっては重いオモリを使えば問題なく釣ることができます。


デビルエイト極掛とは

デビルエイト極掛についてご紹介します。

基本的な構造は、デビルエイトクローと同じです。

デビルエイトクローは、中型のタコを狙うために作られています。

しかし、デビルエイト極掛大型のタコを狙うために設計されています。

フレームとフックが、大型のタコに負けないように強化されているのです。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事