ライトエギングとは言っても、基本的な仕掛けはエギングとほとんど同じです。

ターゲットが異なるだけです。

ここでは、ライトエギングの仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

ライトエギングの時期

ライトエギングの時期についてご紹介します。

ライトエギングは、ツツイカを狙って行うエギングのことです。

ツツイカとは、ケンサキイカやスルメイカ、ヤリイカなどの胴が筒状の形をしたイカのことを指します。

そのため、釣る目的となるイカによって、釣れる時期は異なります。

詳しくは、ライトジギングの時期を参照!


ライトエギングは、エギング同様、日中でも夜間でも釣れます。

おすすめは夜間です。

ツツイカは、夜間に浮いてくることが多いためです。

常夜灯周辺は好ポイントとなります。

スポンサーリンク

ライトエギングの仕掛け

ライトエギングの仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは、次のとおりです。

ライトエギングの仕掛け

ロッド

ライトエギング専用ロッドが販売されています。


リール

小型スピニングリールがおすすめです。


ライン

ラインには、PEを使います。

0.6~0.8号を巻いておきます。

PEは伸びないので、感度がよいです。

非常に当たりが取りやすいというメリットがあります。


リーダー

リーダーには、フロロカーボンの1~2号を使います。

1~2mで十分です。

ラインとの結束には、FGノット電車結びなどが用いられます。

好きな結束方法でOKです。


エギ

エギは、1.5~2.5号を使います。

基本的には、狙うイカのサイズに合わせて選びます。

カラーは、定番のピンクオレンジを中心に使用します。

ススム
エギ以外ではスッテでもOKです。

ライトエギングの釣り方

ライトエギングの釣り方についてご紹介します。

ツツイカを狙う場合、まず表層を攻めます。

当たりがなければ、少しずつ攻めるレンジを下げていきます。

カウントダウンで沈める秒数を数えておくとよいです。

ツツイカは群れで回遊することが多いので、釣れた場合は、再度同じレンジを狙うようにします。

ライトエギングの仕掛け

釣り方は、次のとおりです。

ライトエギングでは、アオリイカを狙うエギングのように激しく誘いません。

あまり激しく誘うと、かえって逆効果です。

基本的には、ただ巻きでよいです。

たまに軽くシャクる程度でOKです。

イカがいれば、これでも十分乗ってきます。

どのレンジを攻めるかということを意識して誘います。


また、カーブフォールで乗せるという誘い方もあります。

2~3回シャクッた後、カーブフォールで沈めます。


あと、たまにジャークなどでアクションを入れないと釣れないことがあります。

潮が流れている時は、潮の流れに乗せておくだけでもOKです。

釣れない時は、いろいろと試してみる必要があります。


当たりは、コツンコツンと引いたり、重くなったりとさまざまです。

違和感があれば、止めたり、アクションを入れたりして、エギをがっちり抱かせるとよいです。


先ほども言いましたが、ツツイカは群れで回遊しています。

1匹釣れれば、他にもまだイカがいる可能性が高いです。

同じポイント・レンジに仕掛けを持っていくようにします。


よい時合を逃すと、もう釣れなくなることもあります。

時合を逃さず、効率的に釣っていきましょう。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事