チヌ釣りでエサは非常に重要です。

たくさんあるエサの中からどのエサを選べばよいのでしょうか?

ここでは、チヌ釣りのエサの種類とエサ取り対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

チヌ釣りのエサの種類

チヌ釣りのエサ(刺し餌)の種類についてご紹介します。

チヌは雑食性のため、何でも食べます。

海にいる生物・植物はもちろんのこと、人間が食べるものでも釣れます。


チヌは春は柔らかいエサを好み、夏~秋は硬いエサを好むと言われています。

季節や場所によって、好んで食べるものが変わってきます。

ベストなのは、釣り場に生息する生物や植物です。

ただ、日によってエサごとの反応が異なることがあります。

チヌがその日に好んで食べるものを、いかに早く見つけられるかで釣果に大きな差が出ます。


一般的によく使われるエサは、次のとおりです。

  • オキアミ
  • サシアミ
  • ボケ
  • 貝類(アケミ貝など)
  • カニ
  • 虫エサ(アオイソメなど)
  • 練りエサ
など


どのエサがよいのか、釣り場の近くにある釣具店などで聞いておくとよいです。

その日の反応のよいエサがわからないだけに、できれば複数種類のエサを用意しておきたいです。

チヌ釣りのエサの種類とエサ取り対策
       (オキアミ)

スポンサーリンク

チヌ釣りのエサ取り対策

チヌ釣りのエサ取り対策についてご紹介します。

水温が高くなる、夏から秋にかけてはエサ取りが多くなります。

上で挙げたようなエサは、エサ取りも大好きなので、すぐに食べられてしまいます。


では、有効なエサ取り対策はないのでしょうか?

最も有効なのは、エサ取りが食べない(食べられない)ようなエサを使うことです。

エサ取りが多い時に使うとよいエサは、次のとおりです。

  • スイカ
  • コーン
  • フナムシ
  • フジツボ
  • カメノテ
  • ホタテ(ベビー)
  • 小魚
など


他にも、場所によってさまざまなエサがあります。

いろいろ試してみるとよいです。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事