ウキ釣りで淡水魚(小物)を狙うのも楽しいです。

関東地方では小鮒釣りが人気です。

小鮒とは、主にマブナ(ギンブナ)です。

場所によっては、キンブナが釣れることもあります。

ここでは、小鮒釣りの仕掛けと釣り方・エサについてご紹介します。

スポンサーリンク

小鮒釣りの時期

小鮒釣りの時期についてご紹介します。

になると、(その年に生まれた)小鮒を狙うことができます。

気温が下がるまでは数釣りが楽しめます。

しかし、厳冬期になると、小鮒の活性は低くなるのでかなり釣りづらくなります。

それはそれで味わい深いです。

釣果は気にせず、のんびり釣るのもよいかもしれません。

スポンサーリンク

小鮒釣りの仕掛け

小鮒釣りの仕掛けについてご紹介します。

仕掛けはいろいろあります。

中でも、繊細なアタリを取りやすい連動シモリ仕掛けがおすすめです。

ここでは、連動シモリ仕掛けについて解説します。


仕掛けは次のとおりです。

  小鮒釣りの仕掛けと釣り方・エサ【マブナ】

竿

竿は、振り出しののべ竿を使います。

タナゴ竿渓流竿がおすすめです。

長さは2~2.4mです。

ただし、幅の狭い水路などでは短い方が釣りやすいです。

1.2~1.8mを使うとよいです。


道糸

道糸は0.6号前後を使います。


親ウキ

親ウキはトウガラシウキを使います。

長さは2~3cmです。

小型の棒ウキでもOKです。


羽根ウキ

羽根ウキは5~7mm前後です。

5~6個付けるとアタリがわかりやすいです。


オモリ

オモリは板オモリを使います。

厚さは0.1~0.2mmほどの薄いものがおすすめです。

薄いと微調整するのに便利です。


小鮒にエサを効果的にアピールするため、仕掛けがゆっくり沈むようにします。

沈むギリギリの重さに調整するのがベストです。


ハリス

ハリスは、0.3~0.4号を使います。

長さは5~8cmです。




針は、秋田キツネの1号または袖の1号を使います。

秋田キツネの方が掛かりがよいです。

3cm前後の極小サイズばかりの場合、タナゴ用の針がおすすめです。


※仕掛け全体の長さは竿と同じにするのが基本です。

小鮒釣りのポイント

小鮒釣りのポイントについてご紹介します。

田んぼなどに水を引くための小さな水路(ホソ)がおすすめです。

幅が狭いので非常に釣りやすいです。

小鮒釣りの仕掛けと釣り方・エサ【マブナ】

水路の曲がり角合流点は狙い目です。

河川や湖沼とつながっている場所排水口周辺も好ポイントとなっています。

寒い時期は、水深の深いポイントを探すとよいです。

小鮒釣りの仕掛けと釣り方・エサ【マブナ】

ポイントを探す上で、水の動きは重要です。

水が動かない場所は、水質が悪化するので小鮒はいません。

小鮒釣りのエサ

小鮒釣りのエサについてご紹介します。

エサは赤虫を使います。

大型のフナを狙うのならミミズでよいです。

しかし、小鮒には大きすぎます。

赤虫は針にちょん掛けします。

釣っている最中は、弱らないように新聞紙などで乾燥を防ぎます。

集魚効果が期待できるグルテンでもOKです。

小鮒釣りの釣り方

小鮒釣りの釣り方についてご紹介します。

まず、ウキ下を調整します。

基本は、ウキ下が水深と同じになるようにします。

小鮒は底付近にいることが多いためです。

後は、状況に合わせて長さを変えていきます。


小鮒釣りは非常にシンプルな釣り方です。

初心者でも簡単に行うことができます。


はじめに、小鮒がいそうなポイントを探します。

ポイントが見つかれば、仕掛けを投入します。

ウキ下の調整がきちんとできていれば、エサは底付近にいきます。

5~10秒そのままアタリを待ちます。

アタリがなければ、ハリスの長さ分ほど仕掛けを持ち上げて沈めていきます。

ゆっくり行います。

それでも喰ってこなければ、ポイントを移動します。

この釣りは、どんどんポイントを移動して、小鮒のいるポイントを探っていきます。

群れを見つければ、そのポイントを狙い続けます。


アタリはウキの動きで判断します。

親ウキが沈めば合わせます。

フナのサイズが小さかったり、活性が低いと、なかなか親ウキが沈み込むことはありません。

その場合は、水中の羽根ウキの動きで判断します。

羽根ウキが横に移動していくようなら合わせます。

わずかにしか移動しないこともあります。

違和感があれば合わせるとよいです。

針掛かりしなかったり、掛かりが甘ければ、合わせるタイミングを遅らせます。

針掛かりすれば、竿を立ててフナを引き抜きます。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事