魚介類の旬の時期・栄養・食べ合わせ・保存方法・通販・ふるさと納税などに関するお得情報はこちら


近くの川などで手軽に釣ることができるマブナ(小鮒)。

マブナ釣りは人気の高い釣りです。

のどかな釣り場が多いので、リフレッシュするのに最適です。

ここでは、千葉・埼玉・茨城でおすすめのマブナ釣り場についてご紹介します。

スポンサーリンク

【マブナの釣り場】本納のホソと赤目川

千葉県茂原市を流れる赤目川。

赤目川は幅が4mほどしかない小さな川です。

しかし、小鮒の魚影が濃いことで知られています。

もっともおすすめのポイントは、本納のホソと合流する場所です。

その場所のカケアガリを狙うとよいです。

それ以外では、少し深くなった場所がおすすめです。

ホソで釣れるものよりも少し大きいです。


本納のホソは、幅が2mほどしかない浅い水路です。

田んぼにつながっている土管周辺がおすすめのポイントです。

対岸の際排水溝の下などを狙ってもよいです。

釣れるのは小鮒が多いです。


スポンサーリンク

【マブナの釣り場】布瀬新田のホソ

布瀬新田のホソは千葉県柏市もあります。

沼南水路と合流する場所がおすすめのポイントです。

周りには草がたくさん茂っています。

草の陰などを狙います。

ウキ釣りで底付近を狙うとよいです。

アタリがなければ、水路の上流へ移動しながら釣っていきます。

マブナだけでなく、ヘラブナやクチボソ、モロコなども釣れます。

20cmほどのマブナが釣れます。


【マブナの釣り場】古谷本郷のホソ

古谷本郷のホソは埼玉県川越市にあります。

ホソの周りにはは田園地帯が広がっています。

ホソに架かっている小さな橋周辺が少し深くなっています。

そのため、小鮒がそこに集まっています。

橋の下を狙うとよいです。

ホソをまたぐ水路の下も同じです。


【マブナの釣り場】久下戸のホソ

久下戸のホソも埼玉県川越市にあります。

田んぼの真ん中に延びる水路です。

水量が少ないので、釣りができないことが多いです。

しかし、雨で水量が増えると期待できます。

水深が20cm以上になれば釣りができます。

魚はたくさんいます。

そのため、釣りができれば100匹以上釣れることも十分あります。


【マブナの釣り場】八木干拓水路

八木干拓水路は茨城県石岡市にあります。

霞ヶ浦東浦の西側に位置し、ハス田の中にある水路です。

秋になると、小鮒がよく釣れることで有名です。

9~10月がおすすめです。

水が排水されたり、止まったりします。

そのため、水の流れが一定ではありません。

流れている時は、対岸の際を狙うとよいです。

土管橋の下も好ポイントになっています。

小鮒だけでなく、良型も釣れます。

クチボソやコイなどが喰うこともあります。




励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事