日本人にとって、鯉は非常になじみ深い魚の1つです。

知らない人はいないでしょう。

ここでは、鯉釣りの時期についてご紹介します。

スポンサーリンク

鯉とは

鯉は、コイ目コイ科に属する淡水魚です。

日本全国の川や池、湖などに生息しています。

淡水の王者と言われています。

針掛かりすると、非常に強烈な引きで釣り人を楽しませてくれます。

鯉釣りの時期

1mを超える個体もいます。

雑食性でイトミミズなど虫や小魚、エビなどの甲殻類を食べます。

寿命は15~20年と長生きします。


産卵期は、春から初夏にかけて行います。

この時期になると、産卵のために浅瀬にやって来ます。

スポンサーリンク

鯉釣りの時期

鯉釣りの時期についてご紹介します。

鯉は、年間を通して釣ることができます。

ただし、おすすめの時期はあります。

鯉釣りの時期

3月を迎えると、シーズンに入ります。

水温が上がってくると、深場やストラクチャーの陰から浅場に姿を見せるようになります。

しかし、この時期はまだ活性が低く、エサをなかなか食べません。

水温や気温がまだ大きく変動するためです。


エサを食べ始めるのは桜が咲く時期です。

この時期になると、気温も水温も安定します。


春は乗っ込みの時期です。

鯉釣りの最盛期を迎えます。

大型の鯉が狙える上、数釣りも楽しめます。

春は浅場を攻めます。

産卵場所となるアシ原が近くにあるポイントがおすすめです。


産卵が終わった個体は、深場に落ちて体力の回復に努めます。

しばらくすると、浅場にやって来てエサを探し回ります。


秋も鯉がよく釣れる時期となります。

9~11月はおすすめです。

気候面で非常に釣りやすい時期になります。


寒くなると、鯉の活性が低くなります。

1~2月は非常に厳しい時期となります。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事