サバは手軽に釣れる代表的な魚の1つです。

そのため、サバ釣りはファミリーフィッシングにおいて高い人気を誇っています。

ここでは、サバ釣りの時期と時間帯についてご紹介します。

サバの種類などについても解説しています。

スポンサーリンク

サバの種類とは

サバは、スズキサバ科サバ属・グルクマ属・ニジョウサバ属などに属する魚の総称のことです。

そのため、単にサバと呼ばれる魚はいません。

代表的なサバとしては次の3つを挙げることができます。

  • マサバ
  • ゴマサバ
  • タイセイヨウサバ

よく釣れるのはマサバゴマサバです。

そのため、釣りの時期と時間帯はマサバとゴマサバについて解説します。

上からゴマサバ、マサバ、タイセイヨウサバとなっています!

スポンサーリンク

マサバとは

マサバはサバ属に分類される魚です。

単にサバと言えば、マサバのことを指すことが多いです。

地域によっては、ホンサバやヒラサバ、ヒラスなどと呼ばれます。

また、関サバや松輪サバといったブランドが確立されています。


北海道~九州の沿岸に広く生息しています。

沿岸~沖にかけての表層~中層を群れて回遊しています。

最大で50cmを超えます。

旬は脂が乗ったです。

冬に獲れるマサバは寒サバと呼ばれ、人気が高いです。

ゴマサバとは

ゴマサバはサバ属に分類される魚です。

マサバなどと共に日本では食用魚とされているサバです。

地域によっては、マルサバやホシグロ、ゴマなどと呼ばれています。


北海道南部~九州の沿岸で見られます。

表層で群れを作って回遊しています。

最大で50cmほどに成長します。

よく釣れるのは30~40cmほどです。

旬はです。

マサバ同様、脂が乗っておいしいです。

タイセイヨウサバとは

タイセイヨウサバはサバ属に分類される魚です。

通称はノルウェーサバです。


北大西洋などに広く生息しています。

ノルウェーやアイスランドなどから輸入されます。

スーパーなどで流通しています。

比較的脂が乗った時期に獲られています。

マサバとゴマサバの違い

マサバとゴマサバの違いについてご紹介します。

まず、見分け方についてです。

見分け方は非常に簡単です。

腹部にゴマ模様の斑点があるかないかでわかります。

ゴマサバの腹部には斑点があります。

しかし、マサバにはこれがありません。


上がゴマサバ、下がマサバです!



他にも、マサバとゴマサバの違いはいろいろあります。

マサバとゴマサバの断面の形状は異なっています。

マサバの断面は楕円形ですが、ゴマサバは円形となっています。


マサバはゴマサバと比べて価値が高いです。

マサバの方がおいしいと言われているためです。

サバ釣りの時期

サバ釣りの時期についてご紹介します。

サバは、年間を通して釣ることができます。

群れが回遊していれば釣れます。


5月頃から釣れ出します。

サイズは小さいです。

水温の上がる6月頃からよく釣れます。

秋になると、30~40cmといった大型が期待できます。

9~11月頃は狙い目です。

寒くなる12~3月頃は、おかっぱりからは釣りにくい時期です。

ただし、船からは脂の乗ったサバを狙えます。

寒サバの時期の到来です。

サバ釣りの時期と時間帯

サバ釣りの時間帯

サバ釣りの時間帯についてご紹介します。

おすすめの時間帯は朝夕マズメです。

サバの活性が高くなります。

ただし、サバは回遊してこないと釣れない魚です。

朝夕マズメでも、回遊次第ではまったく釣れません。

日中でも回遊してくればよく釣れます。


サバは夜釣りでも狙えます。

大型狙いも数狙いも可能です。

常夜灯周辺にはサバが集まってくるのでおすすめです。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事