カンパチは高級魚として知られています。

ブリやヒラマサと並んで青物御三家と呼ばれています。

釣りのターゲットとして非常に人気が高いです。

ここでは、カンパチ釣りの時期・時間帯などについてご紹介します。

スポンサーリンク

カンパチとは

カンパチはスズキ目アジ科ブリ属に分類される魚です。

目の上には斜めに走る太い暗褐色の帯があります。

これを正面から見ると“八”の字に見えることが、カンパチの名前の由来となっています。

地域によっては、アカバラやヒヨ、アカイオなどと呼ばれています。


カンパチは東北~九州までの沿岸部に生息しています。

釣りでは1m前後までのサイズがよく釣れます。

ただ、最大で2mほどにまで成長します。

アジ科の中ではヒラマサに次ぐ大型種です。

カンパチ釣りの時期・時間帯
スポンサーリンク

カンパチは出世魚?呼び名は?

カンパチは出世魚ではありません。

出世魚だと思っている人が多いと思います。

それは、ブリなどと同じように成長するにつれて呼び名が変わっていくためです。

呼び名は地域によって異なります。

関東

ショッコ・ショゴ 35cm未満
シオゴ 35cm以上60cm未満
アカハナ 60cm以上80cm未満
カンパチ 80cm以上


関西

シオ 60cm未満
カンパチ 60cm以上

カンパチとヒレナガカンパチの見分け方

カンパチの近縁にヒレナガカンパチがいます。

ヒレナガカンパチもスズキ目アジ科ブリ属に分類される魚です。

カンパチとヒレナガカンパチはよく似ています。

見分け方を知らないと間違ってしまうことがあります。


見分け方は次の3つです。

背びれが違っています。

ヒレナガカンパチは、文字どおり背びれが長く伸びています。

尾びれが違っています。

ヒレナガカンパチの尾びれの先端は白くありません。

体高が違っています。

ヒレナガカンパチの方が体高が高いです。

カンパチ釣りの時期

カンパチ釣りの時期についてご紹介します。

カンパチは、基本的には年間を通して狙うことができます。

カンパチ釣りでおすすめの時期は初夏~秋にかけてです。

7~11月頃がベストシーズンです。

水温が高くなると、カンパチはベイトを追って浅場にやって来ます。

船からでもおかっぱりからでも小型の数釣りが楽しめます。

もちろん、大型も狙えます。


水温の下がるはあまり釣れない時期です。

カンパチの活性が低くなります。

カンパチを釣りたいのなら、深場を狙わないといけません。

おかっぱりからは釣るのが難しい時期です。


になると、産卵期を迎えます。

カンパチは産卵前に荒喰いしますが、個体によってムラがあります。

5月頃になると水温が上がり始め、喰いがよくなります。

ただ、まだおかっぱりから釣るのは厳しく、深場を狙わなければなりません。

カンパチ釣りの時間帯

カンパチ釣りの時間帯についてご紹介します。

カンパチ釣りでもっともおすすめの時間帯は朝マズメです。

カンパチの活性が高くなります。

しかも、カンパチがベイトを追って接岸してきます。

そのため、おかっぱりからの釣りではでは外せない時間帯です。

朝マズメほどではありませんが、夕マズメも狙い目です。


では、日中には釣れないのでしょうか?

日中でもカンパチの回遊次第ではチャンスはあります。


船釣りも朝マズメがおすすめです。

夕マズメも釣れますが、船から狙うことは少ないかもしれません。

日中は、カンパチの回遊次第ということになります。

ただ、おかっぱりに比べると、カンパチを求めて移動できる点で釣れる確率は上がります。

おかっぱりは、カンパチが接岸してこないことには釣ることができないためです。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事