ジギングと言えば、青物狙いが人気です。

誘うだけでなく、掛けてからの引きも楽しめます。

思わぬ大物が喰ってくることもあります。

ここでは、青物ジギングのタックルと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

青物ジギングで釣れる魚

青物ジギングではいろいろな魚が狙えます。

よく釣れるのが、イナダやワラサ、ヒラマサです。

他には、カンパチやサワラ、カツオなども釣れます。

釣りに行く場所や時期によってかなり変わります。

青物ジギングのタックルと釣り方
スポンサーリンク

青物ジギングのタックル

青物ジギングのタックルについてご紹介します。

タックルは次のとおりです。

青物ジギングのタックルと釣り方

ロッド

ロッドはジギングロッドを使います。

使用するジグに合わせて選びます。

長さは6フィートほどが使いやすいです。

リール

リールはスピニングリールを使います。

サイズはダイワなら4500~5000番、シマノなら6000~8000番がおすすめです。

ベイトリールでもOKです。

ライン

ラインはPEの2~3号を使います。

300mほど巻いておきます。

リーダー

リーダーはフロロカーボンの10~12号を使います。

長さは3~5mです。

ジグ

ジグはセミロングロングが人気です。

重さは80~200gがよく使われます。

水深や潮の速さなどで使い分けます。

カラーはシルバーやゼブラグロー、レッドゴールドなどが定番です。

フック

フックは、フロントのみにセットします。

ダブルフックがおすすめです。

サイズは2/0~5/0です。

根掛かりの少ないポイントでは、リアにもセットしてよいです。


※狙う青物のサイズによってタックルは大きく変わります。

青物ジギングの釣り方

青物ジギングの釣り方についてご紹介します。

船長からの指示があれば、ジグを投入します。

ジグを底まで沈めていきます。

その際、サミングをしてジグが潮で流されるのを防ぎます。

フォール中に喰ってくることがあるので、ラインの動きに注意します。

ジグの着底を逃さないようにします。


着底すれば誘い始めます。

基本的な誘い方はワンピッチジャークです。

ロッドを1回シャクる間にリールのハンドルを1回転させます。

これを連続して行います。

アクションの速さは、スローから高速までいろいろと試します。


ハーフピッチジャークもおすすめです。

ワンピッチジャークとの違いは、リールのハンドルを1/2回転しかさせないことです。

ジグがスローに動きます。

低活性の時間帯やスローなアクションに好反応を示す場合に試してみるとよいです。


ロングジャークで誘うと効果的です。

ロッドを大きくシャクり上げて、ジグを上下にアクションさせます。

ジャーク時はリールを巻きません。

ジャーク後にリールを巻きます。

これを繰り返します。


では、ただ巻きでは釣れないのでしょうか?

もちろん、ただ巻きで狙うこともできます。

ただし、ただ巻きでもよく動くジグを使わなくてはいけません。


ベイトのいるレンジを外れれば、再度底までジグを沈めます。

着底後同じように誘っていきます。


アタリがなければ、ジグの重さやカラーを変えます。

攻めるレンジを変えるのも効果的です。


アタリがあれば合わせます。

フッキングすれば、ラインのテンションを緩めずにやり取りします。

ポンピングして巻き上げるとよいです。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事