ヒイカをご存じですか?

通年市場に流通していますが、あまり馴染みがないという人が多いです。

見た目は、ケンサキイカの子供のようなイカです。

ここでは、ヒイカとはどのようなイカなのか、釣りの時期と時間帯はいつがおすすめのかについてご紹介します。

スポンサーリンク

ヒイカとは

ヒイカはツツイカ目ヤリイカ科ジンドウイカ属に分類されるイカです。

ジンドウイカが標準和名です。

矢のやじりの1つである神頭(じんどう)に似ているため、そのように呼ばれるようになったと言われています。

釣り人の間ではヒイカと呼ばれることが多いです。

地域によっては、コイカボウズイカとも呼ばれます。

ヒイカ釣りの時期と時間帯

ヒイカは北海道南部以南の沿岸部に生息しています。

内湾奥の比較的波が穏やかな場所の砂泥底を好みます。

そのため、外海に面している潮通しのよい場所にはあまりいません。


体長は10cmほどの小型のイカです。

細長い筒形をしています。

普段は透明感のある体色をしています。

興奮すると茶褐色になります。


産卵期は春~夏です。

内湾の水深10mまでの浅場で産卵することが多いです。

寿命は1年ほどです。

スポンサーリンク

ヒイカ釣りの時期

ヒイカ釣りの時期についてご紹介します。

ヒイカ釣りは年間を通して行うことができます。

秋~早春までがおすすめです。

11~3月頃が狙い目です。

水温の低い時期によく釣れます。

ヒイカ釣りの時間帯

ヒイカ釣りの時間帯についてご紹介します。

ヒイカは夜行性です。

そのため、基本的には夜釣りがおすすめです。

ヒイカは明るい時間帯は底付近にいます。

暗くなると、明かりに集まった小魚などを捕食するために浮いてきます。

中でも、常夜灯周辺はよく釣れるポイントとなっています。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事