コウイカエギングのロッドの選び方とおすすめについてご紹介します。

堤防からの釣り用です。

コウイカエギング(ノーマル)とダウンショット仕掛けで使うロッドは若干異なります。

スポンサーリンク

コウイカエギングのロッドの選び方

コウイカエギングのロッドの選び方についてご紹介します。

コウイカエギングなら、おかっぱりからの釣りで使うエギングロッドがおすすめです。

エギングロッドがもっとも釣りやすいです。

エギにシンカーを付ける場合は、重さに注意が必要です。

長さは、6~8フィートぐらいが使いやすいです。

個人的には、長めの方が釣りやすいと思います。


コウイカのダウンショット仕掛けで釣るのなら、使用するオモリの重さを考慮して選ばないといけません。

エギングロッドなら、MLMを選んでおくとよいです。

長さは、6~8フィートぐらいです。

オモリの重さによっては、シーバスロッドやバスロッド、キスロッドを代用した方が無難です。

コウイカエギングでおすすめのロッド【ダウンショットも】
スポンサーリンク

コウイカエギングでおすすめのロッド

コウイカエギングでおすすめのロッドについてご紹介します。

ダイワ エメラルダス AIR AGS 86ML

チューブラーティップが採用されています。

操作性がよく、とてもバランスの取れたロッドに仕上がっています。

しなやかなロッドですが、大型でも十分な強度があります。

・標準全長(m):2.59
・継数(本):2
・仕舞(cm):134
・標準自重(g):87
・先径(mm):1.5
・元径(mm):11.4
・エギサイズ(号):1.8-3.5
・適合ラインPE(号):0.4-1.0
・カーボン含有率(%):99


ダイワ リバティクラブ エギング 862M

堤防などからエギでアオリイカやスミイカ(コウイカ)を狙うのに適したロッドです。

パワーがあるので初心者でも釣りやすいです。

・標準全長(フィート・m):8’6”(2.60)
・継数(本):2
・仕舞(cm):135
・標準自重(g):140
・先径(mm):1.6
・元径(mm):11.4
・エギサイズ(号):2.5-3.5
・適合ラインPE(号):0.6-1.2
・カーボン含有率(%):87


シマノ セフィア CI4+ S806ML

軽くてしなやかなロッドで、テクニカルな釣りにぴったりです。

遠投性と操作性のバランスの取れたロッドです。

近距離から深場まで狙えます。

・標準全長(m):2.59
・継数(本):2
・仕舞(cm):132.9
・標準自重(g):91
・先径(mm):1.6
・元径(mm):-
・エギサイズ(号):1.8-3.8
・適合ラインPE(号):0.4-1
・カーボン含有率(%):98.4


シマノ ソルティーアドバンス S86ML

軽量でパワーのあるロッドに仕上がっています。

エギング専用設計になっています。

・標準全長(m):2.59
・継数(本):2
・仕舞(cm):133.2
・標準自重(g):90
・先径(mm):1.6
・元径(mm):-
・エギサイズ(号):1.8-3.8
・適合ラインPE(号):0.4-1
・カーボン含有率(%):86.6


メジャークラフト ソルパラ SPX-832EL

アオリイカの秋エギングモデルですが、春エギングにも使えます。

堤防などからの釣りに適しています。

・標準全長(フィート):8'3"
・継数(本):2
・仕舞(cm):-
・標準自重(g):-
・先径(mm):-
・元径(mm):-
・エギサイズ(号):2.0-3.5
・適合ラインPE(号):0.4-1.0
・カーボン含有率(%):-


メジャークラフト クロステージ CRX-862E

エギングの定番モデルです。

あらゆる状況に対応できます。

バットパワーと繊細な感度を併せ持つロッドです。

・標準全長(フィート):8'6"
・継数(本):2
・仕舞(cm):-
・標準自重(g):-
・先径(mm):-
・元径(mm):-
・エギサイズ(号):2.5-3.5
・適合ラインPE(号):0.4-1.2
・カーボン含有率(%):-



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事