ショゴをご存じですか?

ショゴとはカンパチの幼魚のことです。

関西ではシオと呼ばれています。

ショゴをルアーで狙うのが面白いです。

ここでは、ショゴのショアジギングタックルと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

ショゴが狙える時期・時間帯

ショゴが狙える時期についてご紹介します

ショゴ釣りは初夏~秋にかけてがおすすめの時期です。

初夏になると、沿岸部でベイトを捕食します。

この時期のショゴは15~25cmほどとまだ小さいです。

夏・秋と成長し続け、30~50cmほどになります。

秋まではショアから狙えますが、それ以降は沖の深場に移動します。

ショゴのショアジギングタックルと釣り方

おすすめの時間帯は朝マズメです。

ショゴの活性が高い時間帯です。

上げ潮ならなおよいです。

上げ潮になると、ショゴは漁港内などに入ってくるためです。

スポンサーリンク

ショゴのショアジギングタックル

ショゴのショアジギングタックルについてご紹介します。

タックルは次のとおりです。

ショゴのショアジギングタックルと釣り方

ロッド

ロッドはスーパーライトショアジギングロッドライトショアジギングロッドを使います。

ジグの重さによって選ぶとよいです。

長さは8~10フィートです。

ジグが軽い場合は、エギングロッドアジングロッドでもOKです。

リール

リールは中型のいスピニングリールを使います。

サイズは3000番がおすすめです。

ハイギアモデルがよいです。

ライン

ラインはPEの0.8~1号を使います。

150mほど巻いておきます。

リーダー

リーダーはフロロカーボンの3~4号を使います。

長さは1.5mです。

ルアー

ジグの8~40gを使います。

ショゴのサイズや飛距離、潮の速さ、水深などによって使い分けます。

カラーはシルバーピンクなどが定番です。

漁港内を狙うのなら、10g前後のジグヘッド4~5インチのワームで釣ってもよいです。

フック

フックはフロントフックとリアフックを付けます。

リアフックはトレブルフックがおすすめです。

根掛かりの多いポイントではアシストフックのみにします。

ショゴのショアジギングのポイント

ショゴのショアジギングのポイントについてご紹介します。

ショゴは、潮通しのよい外海に面した堤防や漁港で釣ることができます。

堤防の先端や根周り、岸壁沿いがおすすめです。

漁港内では、船のシェードやスロープ、ブイの下などが狙い目です。

ショゴはストラクチャー周辺に着く習性があります。

ショゴのショアジギングでの釣り方

ショゴのショアジギングでの釣り方についてご紹介します。

まずは、ジグをキャストします。

障害物周辺をジグで誘ってみるとよいです。

うまくいけば、潜んでいたショゴがジグを追いかけてきます。


誘い方は非常に重要です。

ショゴはスレやすいためです。

左右へのダートアクションがおすすめです。

ただし、ジグを大きく動かすのはよくありません。

すぐに見切られてしまいます。

少ない移動距離で小刻みにダートさせるのがコツです。

これにより、捕食スイッチを入れて喰わせます。


外海から入りたてのショゴならただ巻きでも狙えます。

しかし、それ以外のものはただ巻きには反応しないことが多いです。

その場合はダートアクションで狙うとよいです。


アタリがあれば合わせます。

フッキング後、ショゴは潜ろうとします。

ロッドのしなりをうまく活用してやり取りしなければなりません。

ドラグは締めておきます。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事