ロックフィッシュの中では若干知名度の低いクロソイ。

しかし、クロソイは非常においしい魚です。

ジギングでも釣れるので狙ってみてはいかがでしょうか?

ここでは、スキッディングというジギングでのクロソイの釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

スキッディングとは

スキッディングという言葉さえ聞いたことがないという人が多いかもしれません。

スキッディングとは何なのでしょうか?

スキッディングは、獲物を捕食するイカの動きをイメージした釣り方です。

そのため、ジギングなのにシャクりません。

フォールなどのシャクらない誘いで喰わせます。

クロソイのジグでの釣り方!スキッディングとは?
スポンサーリンク

クロソイのジグ仕掛け【スキッディング】

クロソイのジグ仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは、次のとおりです。

クロソイのジグでの釣り方!スキッディングとは?

ロッド

ロッドは、スキッディング専用のものを使います。

スーパーライトジギングロッドやバスロッドでも代用できます。

使用するジグの重さに注意です。

シャクらないので、ルアーの重さに対応していなくても、ある程度は使えます。

ただし、自己責任でお願いします。

長さは2mほどです。

リール

リールは小型のベイトリールを使います。

ライン

ラインはPEの1号を使います。

リーダー

リーダーはフロロカーボンの5号を使います。

長さは3mです。

ジグ

ジグは、スキッディング対応のものを使います。

重さは80~180gです。

釣り場や状況によっては、これ以外の重さを使うこともあります。

クロソイのジグでの釣り方【スキッディング】

クロソイのジグでの釣り方についてご紹介します。

まず、仕掛けを底まで沈めます。

着底すれば、糸フケを取って誘い始めます。

ただ巻きが基本となります。

ただ巻き時にも喰ってくることがあります。

巻く速さの緩急やストップ&ゴーで誘うと喰いやすくなります。


スキッディング最大の武器はフォールです。

ゆらゆらと泳ぐイカなどを演出してフォールさせます。

これがよい誘いとなって喰ってきます。


スキッディングは、ただ巻きとフォールを繰り返して誘っていきます。

そのため、スキッディングではジグをシャクりません。


喰いが渋い時は、速い誘いではなかなか喰ってくれません。

ゆっくり誘うとよいです。


アタリがあればしっかり合わせます。

フッキングすれば、ラインを緩めないように巻き上げます。


釣り場や時期にもよりますが、クロソイだけではなく、マダラやカサゴ、キジハタなどがよく釣れます。

ブリなどの青物が釣れることもあります。

何が釣れるのかわからないのもこの釣りの大きな魅力です。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事