アイナメはルアーで狙える身近な魚です。

生きたエサが苦手という人には、ルアー釣りがおすすめです。

非常にゲームが高いので楽しいです。

ここでは、アイナメのルアータックルと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

アイナメのルアー釣りとは!どのようなリグがおすすめ?

アイナメはいろいろなルアーで狙うことができます。

中でも、ワームで狙うのがおすすめです。


ワームを使ったリグと言っても、1つではありません。

さまざまなリグが存在します。

おすすめのリグは、次の3つです。

  • テキサスリグ
  • キャロライナリグ
  • 直リグ

テキサスリグ

テキサスリグはもっとも基本的なリグです。

アイナメのワーム釣りを始める際は、テキサスリグから始めるとよいです。

リーダーにバレットシンカーを通し、先にフックを結びます。

シンカーが動きすぎないように、ウキ止めゴムを使うことがあります。

シンカーとフックの間にビーズを入れることもあります。

ビーズは、フックとリーダーの結び目を保護するためのものです。

アイナメのテキサスリグ

テキサスリグを使ったアイナメ釣りはこちらを参照!

キャロライナリグ

キャロライナリグは、リーダーにバレットシンカーを通し、先にスイベルを結びます。

さらに、スイベルの先にハリスを結んで、フックをセットします。

ハリスを付けることで、ワームが自然に動きます。

これにより喰いがよくなります。

ただし、ハリスがあることでアタリが若干わかりにくくなります。

ハリスの長さは30~50cmほどがおすすめです。

アイナメのキャロライナリグ

直リグ

直リグは、フックとシンカーをスプリットリングなどで連結したリグです。

オモリが底に着いている状態であれば、ワームは少しだけ底を切っています。

ワームの自然な動きがよいアピールとなります。

アタリがわかりやすいのも特徴です。

アイナメ釣りの実績が高いです。

アイナメの直リグ

スポンサーリンク

アイナメのルアータックル

アイナメのルアータックルについてご紹介します。

キャロライナリグでも直リグでもタックルはほとんど同じです。

アイナメのルアータックルと釣り方

タックルは次のとおりです。

ロッド

ロッドはロックフィッシュ専用ロッドを使います。

ルアーロッドでも流用できます。

長さは7~8フィートです。

リール

リールは小~中型のスピニングリールを使います。

サイズは2000~2500番が釣りやすいです。

ベイトリールでもOKです。

ライン

ラインはPEの0.8~1.2号を使います。

フロロカーボンの4~8lbでもOKです。

リーダー

リーダーはフロロカーボンの6~12lbを使います。

ラインがPEの場合にセットします。

長さは1m前後です。

シンカー

キャロライナリグで使うシンカーは、タングステン製のバレットシンカーがおすすめです。

直リグで使うシンカーは、ダウンショットリグ用直リグ用がおすすめです。

ナス型オモリでもOKです。

両方とも、重さは10~20gを中心に使います。

潮の速さや水深などによって使い分けます。

フック

フックはオフセットフックの1/0~3/0を使います。

ワームとのバランスが取れたサイズでないといけません。

目安はワームのサイズの1/2~1/3です。

フックにワームがまっすぐになるようにセットします。

ワーム

ワームはホッグ系がおすすめです。

シャッドカーリーテールも人気です。

サイズは3~4インチでよいです。

捕食しているエサのサイズに合わせます。

カラーはレッドオレンジが定番です。

アイナメ釣りのポイント

アイナメ釣りのポイントについてご紹介します。

アイナメは漁港や堤防、磯で狙うのがおすすめです。

初心者は漁港と堤防がおすすめです。


アイナメはストラクチャー周辺を狙うのが鉄則です。

沈み根や岩場周辺は狙い目です。

テトラ周辺も好ポイントです。

他にも、堤防の際船道なども狙ってみるとよいです。

アイナメのルアーでの釣り方

アイナメのルアーでの釣り方についてご紹介します。

まず、ワームをキャストします。

きちんと底を取ります。

底が取れたら、糸ふけを取って誘い始めます。

基本的にはズル引きでOKです。

ワームをズルズルとゆっくり引いてきます。


ボトムバンプもおすすめです。

竿をあおってワームを跳ね上げ、再度底まで沈めます。

着底すれば、喰わせの間を与えるために誘うのを止めます。

これを繰り返して探っていきます。


他には、シェイキングも効果的です。

ワームを震わせるように小刻みに動かして、底を引いてきます。


アタリがあれば、大きな合わせを入れます。

フッキングすれば、一気に底から引き離しにかかります。

根に潜られないようにするためです。


アイナメは首を振って暴れるので注意が必要です。

バレないようにするためにも、しっかりフッキングさせておかなければなりません。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事