メバルのルアー釣りと言えば、ジグヘッド&ワームで狙うことが多いです。

しかし、メタルジグ(以下、ジグ)を使うのもおすすめです。

ジグを使うメリットがいろいろあるためです。

ここでは、メバルジギングの仕掛けと釣り方などについてご紹介します。

スポンサーリンク

メバルジギングのメリットは?

メバルジギングのメリットは、飛距離が出ることです。

ジグはよく飛ぶので、広範囲を探ることができます。

ジグヘッドと同じ重さなら、ジグの方がシルエットが小さいです。

しかも、フラッシングでアピールできるので喰いがよいです。

さらに、手返しがよく、操作性が優れています。

ジグは重さがあるので、日中底付近にいるメバルを狙ったり、沈み根などストラクチャー周辺を探るのに適しています。

潮の流れが速い場合深場で釣る場合にも効果的です。

スポンサーリンク

メバルジギングでおすすめの時間帯は?

メバルジギングでおすすめの時間帯は夜間です。

メバルの活性が高いためです。

朝夕マズメも狙い目です。

日中でも、ポイント次第では釣れなくはありません。

夜間ほど簡単には釣れません。


夜は漁港が釣りやすいです。

ただ、なら数釣りはもちろん、大型狙いもできます。 

メバルジギングの仕掛けと釣り方

メバルジギングの仕掛け

メバルジギングの仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは次のとおりです。

  メバルジギングの仕掛けと釣り方

ロッド

ロッドはメバリングロッドを使います。

7g以下などの軽いジグを使うのなら、アジングロッドでもOKです。

アタリを取りやすいチューブラタイプがおすすめです。

長さは7~8フィートです。


リール

リールは、小型のスピニングリールを使います。

2000番がおすすめです。

ノーマルギアモデルハイギアモデルが使いやすいです。

初心者はノーマルギアモデルの方がよいです。


ライン

ラインは、PEの0.3号を使います。

ジグの重さによっては、もっと細いものや太いものを使ってもOKです。


リーダー

リーダーは、フロロカーボンの0.8~1号を使います。


ジグ

ジグは、基本的には0.6~7gのものを使います。

潮の速さや水深などによって使い分けます。

もっと重いものを使うこともあります。

カラーは、ピンク・シルバー・アカキン・グローが定番です。

イワシカラーもよく釣れます。


フックはフロントのみ付けます。

ダブルフックです。

メバルジギングの釣り方

メバルジギングの釣り方についてご紹介します。

夜釣りに行くと、メバルがライズしていることがあります。

このような場合は、表層でメバルがよく釣れます。

ジグは重さがあるので、表層付近をゆっくり引いてくる釣りにはあまり適しません。

そのため、プラグなどで表層をゆっくり誘うのがベストです。

ただし、メバルがプラグなどを喰ってこなければ、軽量ジグを使って表層を引いてくるとよいです。

0.6gなどの軽量ジグがあります。

表層をある程度の速さで引いてくることで、アピール&フラッシング効果で口を使わせます。


メバルがライズしていない場合など表層を狙っても反応がなければ、思い切って底付近を攻めてみるとよいです。

障害物周辺に潜むメバルにアピールします。

ジグの着底後、ただ巻きで底付近を探っていきます。

アタリがなければ、軽くリフトしてからテンションフォールで喰わせます。

フォール時は、ゆっくり落とすと効果的です。


日中は、底の障害物付近で潜むメバルを狙います。

あまり活発に行動しないので、喰わせるのが難しいです。

細かいフォールジャークで誘っていきます。

リアクションバイトを狙います。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事