メバリングと言えば、冬~春というイメージが強いです。

メバルは、低水温を好む魚だからです。

そのため、夏は釣れないのではと思っている人が多いです。

しかし、場所は限られてきますが、夏でもメバルを釣ることができます。

ここでは、メバリングの夏(主に初夏)の攻略法についてご紹介します。

どのような釣り方・ポイントが適しているのでしょうか?

スポンサーリンク

メバリングの夏に狙うポイント

メバリングの夏に狙うポイントについてご紹介します。

メバリングで夏に狙うのはシャローです。

つまり、浅瀬です。

水深50cm~2mで底が見えるのがベストです。

メバリングの夏場の攻略法!釣り方・ポイントは?

基本的には夜釣りです。

常夜灯周辺で、夜でもメバルを目視で確認できるポイントを探すとよいです。


しかし、シャローならどこでもよいというわけではありません。

当然ですが、メバルがいるシャローでないといけません。

絶対にいるかどうかは別にして、メバルが好みそうなシャローがあります。

その条件は次のとおりです。

  • 潮通しがよく潮の変化があること
  • 藻やシモリなど地形の変化があること

こういった条件を満たすポイントは、エサが豊富です。

しかも、隠れることができるなどメバルにとってかなり魅力的です。

スポンサーリンク

メバリングの夏の釣り方

メバリングの夏の釣り方についてご紹介します。

夏の夜釣りはプラグで釣るのがベストです。

プラグは、シャローを攻めるのに適しているためです。

しかも、レンジをキープしやすいという特性があります。


ジグヘッドで狙うこともできますが、一定以上の速さで巻いてこないと沈んでします。

プラグは、かなりゆっくり巻いても問題ありません。

そのため、メバルによりアピールでき、喰ってくるタイミングを与えてやることができます。

メバル用のプラグなら、メバル釣りに適したレンジに設定されています。


プラグは、ただ巻いてくるだけでよい誘いがかかります。

ジグヘッドよりも簡単です。

初心者にとって非常に扱いやすいルアーです。


プラグが初めての人やルアー釣りに苦手意識がある人は、夏にチャレンジしてみるとよいです。

1度やってみると、プラグの面白さにハマってしまいます。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事