根魚の中では人気の高いカサゴ。

そんなカサゴを簡単に釣ることができるのが穴釣りです。

初心者におすすめの釣り方です。

ここでは、カサゴの穴釣り仕掛けと釣り方・エサについてご紹介しす。

スポンサーリンク

カサゴの穴釣り仕掛け

カサゴの穴釣り仕掛けについてご紹介します。

浅場で使用したワーム仕掛けでも問題はありませんが、深場を攻める際はこちらの仕掛けをおすすめします。


仕掛けは次のとおりです。

カサゴの穴釣り仕掛け カサゴの穴釣り仕掛け
浅場の仕掛けとは違い、中通しオモリを使います。


ロッド

バスロッドテトラロッドを使うとよいです。

ベイトリールに対応したものを選びます。

長さは、1.8m前後が使いやすいです。


リール

ベイトリールがおすすめです。

ワンハンドで、道糸の送り出しや停止ができるためです。

着底もわかりやすいです。

ただ、スピニングリールでも問題はありません。


ライン

ラインは、ナイロンかフロロカーボンの4~6号を巻いておきます。

PEは、根ズレに弱いです。


中通しオモリ

中通しオモリの重さは、3~15号です。

潮の速さや水深に応じて変えます。


ハリス・針

ハリスは2~4号、針は丸セイゴ13~16号を使います。

基本的には、1本針です。

何本も付けると、根がかりの原因になります。


ブラクリを使っても構いません。

ブラクリを使うと中通しオモリが不要です。

初心者はブラクリの方が釣りやすいかもしれません。

スポンサーリンク

カサゴの穴釣りのエサ

カサゴの穴釣りのエサについてご紹介します。

エサは、サンマ・サバの切り身、アオイソメなどの虫、オキアミがよいです。

いろいろ用意しておくとよいです。


深場にいるカサゴは、食い気がない時はルアーには反応しません。

そのため、エサを使って釣った方がよいです。

目の前にエサが来れば、思わず喰ってしまうことがあります。

カサゴの穴釣りでの釣り方のコツ

カサゴの穴釣りでの釣り方のコツについてご紹介します。

浅場同様に、まず穴を探します。

深場を攻めるので、穴が底まで達していなければなりません。

底に達しているかどうかは、やってみないとわかりませんので、ここはというポイントでやってみるとよいです。

テトラの隙間岸壁とテトラの間などがおすすめです。

カサゴの穴釣りでの釣り方のコツ

では、穴釣りの釣り方について解説します。

はじめに、穴に仕掛けを投入します。

底まで沈めるのですが、途中でラインが止まってしまうことがあります。

穴によっては、テトラなどが入り組んでいて、必ずしもまっすぐ底まで仕掛けを沈めることができない場合があります。

ラインが止まってしまった場合、竿先を軽く上下させます。

まだ底に着いていない時は、こうすることで再び落下し始めることがあります。

これを何回か繰り返します。

もうそれ以上沈まなければ、底の可能性が高いです。

絶対ではありませんが。


底あるいは底付近まで沈めば、ハリスの分仕掛けを巻き上げます。

あとはそのまま当たりを待ちます。

深場での釣りは、すぐに当たりがあることは珍しいので、しばらく粘るとよいです。


エサの匂いなどで、カサゴが寄せられるのを待ちます。

そのため、ワームではなく、エサを使うのです。


ある程度して、当たりがなければ、ひとまず仕掛けを回収してエサを確認します。

エサが残っていても、もう1度同じ穴に仕掛けを沈めます。

何回かは粘った方がよいです。

粘った方がいいとは言え、ある程度して喰わなければ、どんどん他の穴を探して移動するようにします。


当たりは、ゴンという感触ですぐにわかります。

小さい当たりでは針掛かりしないことが多いので、焦りは禁物です。

きっちり喰い込むまで待たなくてはなりません。

引き込めば、そのまま一気に巻き上げます。

素早く上げないと、奥に潜られてしまいます。

多少、強引に引き上げても構いません。

穴が大きい場合は、何匹かカサゴがいることがあるので、1匹釣れてももう1度同じ穴に仕掛けを沈めるとよいです。

ススム
危険な場所での釣りは控えるようにします。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事