キジハタ(アコウ)は夏のイメージが強い魚です。

冬にも狙うことができます。

冬のキジハタ釣りは、どのようなことに注意すればよいのでしょうか?

ここでは、冬のキジハタ釣りの仕掛けと釣り方・ポイントなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

キジハタ釣りは冬にも釣れる

キジハタは、夏になると、産卵のために浅場にやって来ます。

そのため、非常に釣りやすくなります。

産卵後は、体力回復のために荒喰いします。

数釣りを行いたいのならがベストです。

冬にキジハタを狙うなら直リグ仕掛け!ポイントは?【アコウ】

しかし、もキジハタを釣ることは可能です。

ただし、活性が低いことが多いです。

冬に釣るにあたって、注意することがあります。

晴れた穏やかな天気の日が続いた後に釣りに行く方がよいです。

雨や風によって水温が低下すると、喰いが悪くなります。

スポンサーリンク

直リグとは

直リグとは、シンカーとフックが一体となったリグのことです。

直リグの大きなメリットは、ストラクチャーに沿ってタイトに攻めることができることです。

キジハタ狙いで人気のテキサスリグは、シンカーとフックが離れます。

そのため、ストラクチャーに沿ってタイトに攻めることができません。

冬のキジハタ釣りには直リグがおすすめです。

キジハタの直リグ仕掛け

キジハタの直リグ仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは次のとおりです。

冬にキジハタを狙うなら直リグ仕掛け!ポイントは?【アコウ】

ロッド

ロッドはロックフィッシュ専用ロッドを使います。

キジハタ専用ロッドもあります。

高感度かつ繊細な穂先と強靭なバットパワーを兼ね備えたものがおすすめです。

長さは7~8フィートです。

リール

リールは小型のベイトリールを使います。

スピニングリールも使えますが、良型狙いの場合はパワーのあるベイトリールがおすすめです。

ライン

ラインはPEの1.2~2号を使います。

リーダー

リーダーはフロロカーボンの14~20lbを使います。

長さは2~2.5mです。

シンカー

シンカーはダウンショットリグ用直リグ用を使います。

10~15gがメインとなります。

浅場などでは3~7gを使うこともあります。

フック

フックはオフセットフックを使います。

サイズは2/0がおすすめです。

ワーム

ワームはクロー系グラブ系を使います。

サイズは3インチほどです。

冬のキジハタ釣りにおすすめのポイントは?

冬のキジハタ釣りにおすすめのポイントについてご紹介します。

冬におすすめのポイントは水深のある湾奥です。

水深が深いと、水温の変化が小さいです。

エサとなるベイトも集まってきます。


湾奥の大型船が停泊する場所が狙い目です。

水深が深くなっています。

そこに、テトラシモリなどがあれば、かなり期待できます。

キジハタの釣り方

キジハタの釣り方についてご紹介します。

冬は水温が低いこともあって、なかなか喰い込んでくれません。

ワームに噛みつくだけで、合わせてもフッキングしないことが多いです。

しっかり喰い込ませるために、ゆっくりのアクションで誘います。


まず、ワームをキャストします。

キジハタ釣りは底を狙うので、底まで沈めます。

フリーフォールでOKです。


ワームが着底すれば、誘いを入れていきます。

ズル引きリフト&フォールがおすすめです。

ゆっくりアクションさせます。

この時、ストラクチャーなどの底に変化のある場所を探ります。

岩やシモリなどに差し掛かれば、さらにゆっくり誘うようにします。

シェイクで念入りに誘うと効果的です。


アタリがなければ、仕掛けを回収します。

いろいろな場所にキャストして広範囲を探るようにします。

ワームがズレていると喰わないのでチェックしておきます。


アタリがあれば、すぐに糸ふけを取って合わせます。

しっかり合わせることが重要です。

フッキングすれば、根に潜られないように一気に底から引き離します。

ラインのテンションを抜かないように注意しながら巻いてきます。

目の前まで寄せた後は、一気に抜き上げます。

大型なら網ですくうとよいです。

キジハタの喰いが渋い時は?

喰いが渋い時は、ワームのシルエットを小さくした方がよいです。

これだけでも喰いがよくなることがあります。

シンカーはできる限り軽くします。

底を取れるギリギリの重さがベストです。


カサゴばかりが喰ってくることがあります。

そのような場合はブレードを付けるとよいです。

ブレードを付けると、カサゴはあまり喰わなくなります。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事