アナゴは、ブッコミ釣りで釣られることが多いです。

投げ釣りは、堤防などから比較的遠くへ投げて釣る時に行われます。

広範囲を探るのに適しています。

ここでは、アナゴの投げ釣り仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

アナゴ釣りの投げ釣りの時期・時間帯

アナゴ釣りの投げ釣りの時期・時間帯についてご紹介します。

アナゴ釣りは、夏~秋がおすすめです。

6~10月頃に釣りに行くとよいでしょう。

ススム
寒い時期も釣れなくはありませんが、かなり厳しい釣りとなります。

釣りに行く人は少ないです。

時間帯は、夜間がおすすめです。

日が沈んだ後から午後9時ぐらいまでが狙い目です。

深夜釣りでも釣れますが、数は減ります。

日中にも釣れますが、夜釣りの方が釣りやすいです。

アナゴの投げ釣り仕掛け
スポンサーリンク

アナゴ釣りの投げ釣り仕掛け

アナゴ釣りの投げ釣り仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは、次のとおりです。

アナゴ 投げ釣り仕掛け
アナゴ 投げ釣り仕掛け

竿

竿は、投げ竿がおすすめです。

オモリ負荷は25号前後、長さは4mぐらいがよいです。

万能竿シーバスロッドなどでもよいです。

使用するオモリの重さに注意が必要です。


リール

リールは、スピニングリールを使います。

本格的に投げるのなら、投げ専用がおすすめです。

3000~4000番のリールを使っても問題ありません。


ライン・力糸

ラインはナイロンの3~4号、力糸(テーパライン)の4→12号を使います。

ナイロンの5号を使うと、力糸は不要です。


天秤

天秤は、ジェット天秤海草天秤を使います。

遊動式の仕掛けにした方がよいです。

どちらの天秤でも、20~25号がおすすめです。

遊動式ではありませんが、片天秤を使うこともあります。


ハリス・針

ハリスは、フロロカーボンの3~4号を使います。

長さは、1mぐらいでよいです。

針は、丸セイゴ針10~13号を使います。

基本的には1本針です。

市販の仕掛けを購入すると便利です。

替えの仕掛けを多めに用意しておきます。


発光体

アナゴは、発光体に好反応を示します。

そのため、ハリスに夜光パイプケミボタルなどを付けると、釣果アップが期待できます。

アナゴの投げ釣りの場所・ポイント

アナゴの投げ釣りの場所・ポイントについてご紹介します。

アナゴを釣りに行くなら、堤防がおすすめです。

水深は5mほどで、底は砂地砂泥地が広がるポイントを中心に狙います。

少し障害物があれば、アナゴが隠れられるので理想的です。

アナゴの投げ釣りのエサ

アナゴの投げ釣りのエサについてご紹介します。

エサには、アオイソメイシゴカイを使います。

房掛けや通し刺しにします。

アナゴの反応により、どちらにするかを決めます。

アナゴ釣りの投げ釣りの釣り方

アナゴ釣りの投げ釣りの釣り方についてご紹介します。

まず、仕掛けをキャストします。

仕掛けが着底すれば、糸ふけを取ります。

後は、当たりを待ちます。

適度に、竿を煽って誘いを入れるとよいです。


当たりがなければ、少しリールを巻いて、仕掛けを移動させます。

根がかりが多い場所では、あまり仕掛けを動かさない方がよいです。


釣れなければ、投げる方向を変えるなど広く探っていく必要があります。

可能であれば、複数の竿を出しておくとよいです。

その際、投げる方向や距離を変えておくと効率的に探れます。


当たりがあれば、ひと呼吸おいて合わせます。

長時間放置し過ぎると、仕掛けが絡まってしまいます。

参考動画



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事