アイナメを投げ釣りで狙ってみてはいかがでしょうか?

投げ釣りは、どのような魚でも釣ることができます。

近場で釣れない時におすすめです。

ここでは、アイナメの投げ釣り仕掛けと釣り方のコツについてご紹介します。

スポンサーリンク

アイナメ釣りの投げ釣りの時期・時間帯

アイナメ釣りの投げ釣りの時期・時間帯についてご紹介します。

アイナメは、晩秋~春によく釣れます。

中でも、秋と春がベストシーズンとなっています。

11~12月1~4月に狙うとよいです。

ただ、地域によって変わります。

アイナメの投げ釣り仕掛け

狙い目の時間帯は日中です。

アイナメは、日中によくエサを食べるためです。

朝マズメから釣り出すとよいでしょう。

スポンサーリンク

アイナメ釣りの投げ釣り仕掛け

アイナメ釣りの投げ釣り仕掛けについてご紹介します。

投げ釣りは広範囲を探れます。

根が多い場所では、根がかりしてしまうので、投げ釣りは難しいです。


仕掛けは、次のとおりです。

アイナメの投げ釣り仕掛け

竿

竿は、投げ竿を使います。

オモリ負荷は25~30号、長さは4m前後がおすすめです。


リール

リールは、投げ専用リールを使います。

4000番ぐらいの大型スピニングリールでもOKです。


ライン

ラインはPEの5号、またはナイロンの5~6号を使います。

細いラインを使うのなら、力糸が必要です。


天秤

天秤は、ジェット天秤(25~30号)を使います。

根掛かりの多い場所に適しています。

あまり根掛かりしない場所では、L型天秤などを使ってももよいです。


ハリス

ハリスは、フロロカーボンの4~5号を使います。

長さは、50~70cmぐらいにします。




針は、丸セイゴ針の13~16号を使います。

1~2本針で十分です。

アイナメ釣りの投げ釣りのポイント

アイナメ釣りの投げ釣りのポイントについてご紹介します。

投げ釣りでもっとも注意しなければならないのは、投げるポイントです。

アイナメは根周りにいます。

しかし、根に直接仕掛けを投げ込むと、根がかりしてしまいます。

根から少し離れたところに投げるとよいです。

ただ、あまり根がかりを恐れていては釣りになりませんので、ある程度の割り切りが必要です。


根回り以外では、カケアガリ捨て石の切れ目などもおすすめです。

特に、カケアガリは狙い目です。

ススム
仕掛けを巻いてきて重みを感じれば、そこがカケアガリなので、そのまま当たりを待つとよいです。

アイナメ釣りの投げ釣りのエサ

アイナメ釣りの投げ釣りのエサについてご紹介します。

投げ釣りでは、虫エサがよく使われます。

おすすめは、アオイソメイワイソメです。

匂いで寄せたいのなら、マムシが効果的です。


エサの付け方です。

アオイソメやイワイソメは通し刺し房掛け(5~6本)にします。

マムシは、通し刺しにします。

通し刺しのタラシは、2cmほどにしておきます。

アイナメ釣りの投げ釣りの釣り方のコツ

アイナメ釣りの投げ釣りの釣り方のコツについてご紹介します。

まず、仕掛けをキャストします。

基本的には、置き竿で当たりを待ちます。

アイナメ釣りは、それほど誘いを掛ける必要はありません。

しばらく待っても当たりがなければ、竿をあおるようにして仕掛けを浮かせて移動させます。

そのまま巻くより、根がかりする可能性が低くなります。

あとは、これを繰り返します。

可能であれば、複数本の竿を出すとよいです。


当たりは、まず前当たりがあります。

穂先をちょんちょんと軽く叩くような当たりです。

ここで合わせてはいけません。

しばらく待っていると、強く引き込むような当たりがあります。

このタイミングで合わせます。


針掛かりすると、首を振って激しく抵抗します。

ここでのやり取りがアイナメ釣りの醍醐味です。

何が起こるかわかりませんので、最後まで油断しないようにしなければなりません。

参考動画



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事