夏のメバルは脂が乗っていておいしいです。

沖磯でのメバル釣りがおすすめです。

沖磯はあまり釣り人が入らないので狙い目です。

ここでは、夏メバルに関する沖磯でののべ竿仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

夏の沖磯メバルとは?

はメバルの旬の時期です。

5月になると、メバルはお腹に脂を蓄え始めます。

夏場は脂がたっぷりになります。

そのため、どのような料理でも非常においしいです。

時期は、地域によっては異なります。


沖磯は釣り荒れしていないので、良型が釣れやすいです。

釣り人が少ないので、好きなポイントで釣ることができます。

船に乗らないと行けないというデメリットはありますが、ちょっとした旅行気分を味わうことができます。

普段の疲れを吹き飛ばすことができます。

スポンサーリンク

夏メバルののべ竿仕掛け

夏メバルののべ竿仕掛けについてご紹介します。

のべ竿を使ったウキ釣りです。

メバルの喰いがよい夜釣りを行います。

夕方に沖磯に渡してもらって、翌朝迎えに来てもらいます。


仕掛けは次のとおりです。

  【夏メバル釣り】沖磯でののべ竿仕掛けと釣り方

竿

竿はメバル用のべ竿を使います。

硬調なら、良型でも問題ありません。

長さは6m前後です。

8mのアユ竿を使ってもOKです。


道糸

道糸はナイロンの2号を使います。


ハリス

ハリスは、0.8~1.5号を使います。

長さは80cm~1mです。

仕掛けの全長が竿よりも50~70cm短くしておきます。

これくらいにしておいた方が釣りやすいです。


ウキ

ウキは電気ウキを使います。

B~3Bがおすすめです。

明るく感度のよいものを選びます。


オモリ

オモリはガン玉を使います。

上はB~5B、下はG3です。

上はウキの浮力に合わせます。

下は、基本的には変えません。




針は、メバル針の7~8号を使います。

良型狙いで喰いがよければ、チヌ針の3号でもよいです。

夏メバルのエサ

夏メバルのエサについてご紹介します。

エサはアオイソメを使います。

1匹をちょん掛けします。

オキアミでもOKです。

沖磯ではエサが足りなくなっても買いに行けないので、少し多めに持っていくようにします。

夏メバルの釣り方

夏メバルの釣り方についてご紹介します。

釣り場に上がったら、明るいうちに地形を確認します。

暗くなると、藻や沈み瀬などの位置を把握できなくなるためです。

間違っても、ライトで海中を照らさないでください。

メバルが警戒してしまいます。

地形を確認した際に、どこでどのように釣るのかなどを考えておくとよいでしょう。

【夏メバル釣り】沖磯でののべ竿仕掛けと釣り方

はじめに、ウキ下を調整します。

まずは1mで始めるとよいです。

あとは、メバルの反応を見ながら短くしたり、長くしたりするとよいです。


釣り方は、次のとおりです。

仕掛けを投入します。

狙い方は2つあります。

1つは、仕掛けを潮に乗せて流して喰わせる釣り方です。

ウキが潮で流される場合は、ウキの進行方向に竿先を動かしていきます。

このようにすることで、仕掛けが馴染んだ状態で流れ、アタリが出やすくなります。


もう1つは、メバルが潜んでいる場所を攻める釣り方です。

竿でウキをゆっくり引く感じで、ウキをその場に留めます。

この時、道糸を少しだけ張った状態にしてアタリを待ちます。


風が強い時は、仕掛けが安定しないことが多いです。

これではメバルは喰ってくれません。

このような場合は、より浮力のあるウキに変えて、オモリを重くします。

そうすることで、仕掛けが安定します。

意外と、これが原因で釣れないことが多いです。


メバルが喰ってくると、一気にウキが海中に消えます。

このようなアタリは小型が多いです。

他には、ウキが少しだけ沈むアタリもあります。

このようなアタリは良型である可能性が高いです。

どのようなアタリでも、即合わせはしません。

それは、エサがアオイソメのためです。

すぐに合わせたのでは、メバルがまだしっかり飲み込んでいません。

そのため、すっぽ抜けてしまいます。

アタリがあっても、ワンテンポ待ってから合わせるとよいです。

沖磯の夜釣りにおすすめのグッズ

沖磯の夜釣りにおすすめのグッズについてご紹介します。

磯釣りは危険を伴います。

最低限の装備は必要になってきます。

  • ライフジャケット
  • 磯シューズ
  • グローブ
  • レインウェア
  • タオル

夜釣りのため、必要となるものです。

真っ暗で何も見えませんので、安全面からライトは必須です。

据え置きタイプがあると、エサを付ける場合などに便利です。

  • ヘッドライト
  • ライト(据え置きタイプ)

あとは、あると便利なグッズです。

夏なので、虫よけスプレーを用意しておいた方がよいです。

水くみバケツがあると、手を洗ったりできます。

食べ物や飲み物は必要に応じて持参します。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事