クロソイは、釣りをする人でなければほとんど馴染みのない魚です。

ソイの中でもっとおいしいと言われる高級魚です。

ここでは、クロソイ釣りの時期・時間帯についてご紹介します。

クロソイの生態などについても解説します。

スポンサーリンク

クロソイとは

クロソイは、スズキ目メバル科メバル属に属する魚です。

地方では、クロカラクロゾイなどと呼ばれています。

北海道の鯛と言われることがあります。

クロソイ釣りの時期・時間帯

クロソイは、北海道などでの漁獲が高いことから北の方の魚というイメージが強いです。

しかし、北海道以南の日本各地の沿岸にも生息しています。

そのため、いろいろな場所で釣ることができます。


クロソイは浅場~深場までで見られます。

若い個体は浅場にいるので、堤防などでよく釣れます。

大きくなると、深場の岩礁域に移動します。

水深50~100mにいるので、大型を狙うのなら船釣りがおすすめです。


クロソイは、ヒレをはじめとして全体的に黒っぽい魚です。

60cmに達する個体もいます。

40cm前後なら比較的よく釣れます。

夜行性のため、夜間にエサを求めて活発に動き回ります。

逆に、日中は岩の陰などに身を潜めています。

小さいうちは甲殻類を食べ、大きく成長すると小魚を捕食するようになります。

スポンサーリンク

クロソイ釣りのおすすめの時期

クロソイ釣りのおすすめの時期についてご紹介します。

クロソイは、基本的には年間を通して釣ることができます。

ただ、おすすめの時期とそうではない時期があります。

おすすめの時期は10~3月頃です。

水温が低くなる時期によく釣れます。

春~初夏にかけての産卵期を控えて、この時期はエサをよく喰います。


逆に、おすすめできない時期は産卵期真夏です。

上でご紹介したように、産卵期は春~初夏にかけてです。

産卵期は、クロソイの喰いが落ちます。

そのため、釣りにくい時期となります。


真夏は、産卵直後の個体がいます。

産卵直後はあまりエサを喰いません。

早くに産卵を終えた個体は、体力が少しずつ回復し、エサを喰うようになります。

ただ、水温が上がるので、クロソイは深場に移動します。

そのため、クロソイを狙いにくくなります。


しかし、真夏はまったく釣れないかと言えばそうとも言えません。

釣りに行く場所次第では狙うことは可能です。

おすすめは河口です。

河口にはエサが豊富なので、クロソイが集まりやすいです。

真夏にクロソイを狙いたいのなら、河口を攻めてみるとよいです。

クロソイ釣りのおすすめの時間帯

クロソイ釣りのおすすめの時間帯についてご紹介します。

クロソイは夜行性の魚です

そのため、活性が高くなる夜釣りがおすすめです。

中でも、もっともおすすめの時間帯は朝夕マズメです。

日の出前後と日没前後によく喰います

数釣りがしたいのなら朝夕マズメです。


では、日中は釣れないのでしょうか?

そのようなことはありません。

日中にも釣ることは可能です。

ただし、朝夕マズメや夜間ほどは釣れないことが多いです。

その一方で、思わぬ大型が釣れることがあります。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事