キジハタはジギングでも釣れます。

ワームでダメな時は、ジギングを試してみるとよいです。

フグなどにワームをよくかじられる時にもおすすめです。

ここでは、キジハタのルアー(ジギング)仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

キジハタのジギング仕掛け

キジハタのジギング仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは、次のとおりです。

キジハタのルアー仕掛けと釣り方

ロッド

ロックフィッシュ専用ロッドメバリングロッドがおすすめです。

バスロッドでもOKです。

ロッドは、使うジグの重さを考慮して選びます。

長さは、7~9フィートぐらいがよいです。

ススム
メタルジグ(以下、ジグ)を持ち上げて釣る場合は、長い方が釣りやすいです。


リール

リールは、スピニングリールを使います。

2500~3000番ぐらいがおすすめです。


ライン

ラインは、PEの0.6~0.8号が使います。


リーダー

リーダーは、フロロカーボンの1.5~2号を使います。


ジグ

ジグは5~15gを使います。

重さは、海の状況などによって変わってきます。

スポンサーリンク

キジハタのジギングでの釣り方

キジハタのジギングでの釣り方についてご紹介します。

ジグを使う最大のメリットは、飛距離が出ることです。

ジグヘッドリグやテキサスリグでは届かないようなポイントを攻めることができます。

釣り荒れていないポイントを見つけることができれば、数釣りが楽しめます。


ジギングでの釣り方は、2通りあります。

もっともおすすめするのは、リールを巻きながらロッドの先を小刻みに上下させ(シェイク)、その後フォールさせるという釣り方です。

シェイクでアピールして、フォールで喰わせるというものです。

非常に効果的な誘い方なので、まずはこの釣り方を試してみてください。


もう1つは、ただ巻きでジグを引いてくる釣り方です。

まず、仕掛けをキャストします。

底付近をゆっくりただ引いてくるだけで釣れます。

たまにフォールを組み合わせると、さらに効果的です。


釣れなければ、ジグのカラーを変えるとよいです。

カラーによって喰いが変わることがあります。


当たりがあれば、すぐに合わせを入れます。

後は一気に巻き上げて、底から浮かせます。

参考動画



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事