メバルは、カブラ釣りでも釣ることができます。

カブラ釣りを知らないという人もいるかと思います。

ここでは、メバルのカブラ釣り仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

カブラ釣りとは

カブラ釣りとは、日本の伝統漁具であるカブラを使った釣りです。

カブラとは、簡単に言うと擬似針のことです。

ワームやプラグではあまり喰ってこなくても、カブラなら喰ってくることがあります。

沖の方にいる浮きメバルも狙えます。

何をやってもダメという時には、1度試してみるとよいかもしれません。

スポンサーリンク

メバルのカブラ釣りの時期・時間帯

メバルのカブラ釣りの時期・時間帯についてご紹介します。

カブラ釣りは、3~4月頃から有効な釣り方です。

それは、メバルの好きなイカナゴが回遊し出すためです。

おすすめの時間帯は朝夕マズメを含む夜間です。

日中でも釣れます。

メバルのカブラ釣り仕掛けと釣り方

メバルのカブラ釣りの仕掛け

メバルのカブラ釣りの仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは、次のとおりです。

メバルのカブラ釣り仕掛けと釣り方

ロッド

ロッドは、オモリ負荷20号ほどの投げ竿か、3~4号ほどの磯竿を使います。

長さは、4m以上は欲しいです。

柔らかめのエギングロッドやシーバスロッドでも構いません。

硬めのロッドを使うと、メバルが喰ってきた時、弾いてしまうので針がかりが悪くなってしまいます。


リール

リールは、キャストするので、スピニングリールを使います。

サイズは、2500番がよいです。


ライン

ラインは、PEの0.8~1号を巻いておきます。


力糸

力糸は、ナイロンの5号を使います。


飛ばしウキ

飛ばしウキは、フローティングタイプでもシンキングタイプでも構いません。

状況に応じて使い分けるのがベストです。


カブラ仕掛け

市販の仕掛けを購入するとよいです。

カブラ針は6~7号を使います。

思うような仕掛けがなければ、自作してもよいです。

メバルのカブラの釣り方

メバルのカブラの釣り方についてご紹介します。

メバルは、岩や藻があるポイントが狙い目です。

沖の方に浮いているメバルが見えれば、まずはそちらの方へキャストしてみるとよいです。

メバルの姿が確認できない場合は、さまざまな方向にキャストして、広範囲を探ってみます。

とにかく遠投して、まだ誰も釣っていないポイントを攻めるとよいです。

スレていないメバルが釣りやすいです。


1匹でも釣れれば、再度そのポイントを攻めて連続ヒットを狙います。

まったくアタリがなければ、場所を変えてみるとよいです。


必ず潮上にキャストします。

あとは、ゆっくり巻いてくるだけです。

アタリがあっても、そのままゆっくり巻き続けます。

何匹か針がかりすると、仕掛けがだんだん重くなって沈んでいきます。


うまくいくと、鈴なりにメバルが釣れることがあります。

クーラー満タンも夢ではありません。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事