メバルをミノーで狙うことができます。

今流行りのプラッキングです。

ワームでは喰わない場合に試して欲しい釣法です。

ここでは、メバルのミノーでの仕掛けや釣り方などについてご紹介します。

スポンサーリンク

メバル釣りでミノーを使うのはいつ?

メバル釣りにおいては、どのような状況の際にミノーを使えばよいのでしょうか?

メバルが水面直下~1mの範囲にいる場合です。

ミノーなら、簡単にこのレンジを引いてくることができます。

単に引いてくるだけでなく、デッドスローでも引いてくることが可能です。

ワームでも引いてくること自体は可能ですが、リールを巻く速さの調整が難しいです。

デッドスローで引くのはさらに難しいです。

メバルをミノーで狙う!ミノーのおすすめは?【ミノーイング】
スポンサーリンク

メバルのミノーを使った仕掛け

メバルのミノーを使った仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは次のとおりです。

メバルをミノーで狙う!ミノーのおすすめは?【ミノーイング】

ロッド

ロッドはメバリングロッドを使います。

プラグに対応したものがおすすめです。

プラグの引き抵抗を感じ取れるものを選びます。

ティップの感度が重要です。

長さは6~8フィートです。

リール

リールはスピニングリールを使います。

サイズは2000番がおすすめです。

ライン

ラインはPEの0.4号前後を使います。

波や風のある日はフロロカーボンがおすすめです。

リーダー

リーダーはフロロカーボンの6lb前後を使います。

長さは1mほどでOKです。

プラグ

プラグはミノーを使います。

4.5~6cmのものを使います。

ミノーごとに潜行深度が決まっています。

狙いたいレンジに合ったものを選びます。

メバル釣りはポイント選びが重要

メバル釣りのポイント選びについてご紹介します。

メバル釣りは、堤防をはじめ、地磯やサーフ、ゴロタ場などいろいろな場所で行うことができます。

手軽に釣りに行ける堤防がもっとも人気が高いです。

堤防では、常夜灯周辺潮通しのよい先端部分がおすすめです。

産卵の時期は浅場が狙い目です。

大型がよく釣れます。

メバルのミノーでの釣り方

メバルのミノーでの釣り方についてご紹介します。

まず、ミノーをキャストします。

水面直下を狙うのなら、着水すればすぐに誘い始めます。

誘い方は非常に簡単です。

ミノーにもよりますが、ただ巻きが基本です。

後は、巻く速さに気を付けます。

デッドスロー~普通の速さでメバルの反応を探ります。

どのような速さで引いてくるにしても、一定の速さを保つことが重要です。

ブレないようにします。

糸ふけをできる限り作らないようにすると操作しやすく、アタリを取りやすいです。


足場が高いと、風や波の影響を受けやすいです。

なるべく影響を少なくするためには、ロッドを下げて釣るとよいです。

メバル釣りで使うミノーのおすすめ

メバル釣りで使うミノーのおすすめについてご紹介します。

おすすめのミノーは次のとおりです。

アクアウェーブ シャローマジック

シャローマジックは、水面直下を攻めることができるミノーです。

デッドスロ~ファストリトリープまでさまざまな速さで誘うことができます。

ナチュラルなアクションなので喰いがよいです。

ただ巻きでOKです。


アクアウェーブ ミッドマジック

ミッドマジックは、シャローマジックよりも深く潜らせたい場面で使うとよいです。

ただ巻きだけで喰ってくれます。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事