最近は、カサゴをルアーやワームで釣る人が急増しています。

しかし、まだまだエサ釣りも人気があります。

ここでは、カサゴ釣りのエサと付け方についてご紹介します。

カサゴ釣りのエサ(餌)と付け方

カサゴ釣りで使われるエサにはいろいろな種類があります。

主なエサには、次のようなものがあります。


虫系

虫系では、アオムシイシゴカイが使われます。

カサゴのみを狙うのなら、アオムシの方がよいです。

動き匂いでカサゴにアピールします。

比較的どこにでも売っており、安いのがうれしいです。


基本には、このようにエサを付けます。

カサゴ釣り 餌 エサ
他にも、ちょん掛けや房掛けなどがあります。



エビ系

エビ系では、オキアミシラサエビが使われます。

オキアミは、いろいろな魚のエサとして用いられます。

ボイルしたもの生のものがあります。

サイズ別(L・M・S)に販売されているので、使うジグヘッドの大きさで選ぶとよいです。


シラサエビ活きエサなので、エアーポンプ付のクーラーボックスなどに入れておきます。

動きでアピールできるのがメリットです。

元気がないエビは使い物になりませんので、注意が必要です。

シラサエビはカサゴの大好物なので、用意できるのなら持っていきたいエサです。


基本には、このようにエサを付けます。

カサゴ釣り 餌 エサ
他に、2匹掛けなども有効です。



魚系

魚系では、キビナゴサバの切り身が使われます。

魚の匂い体の輝きで、カサゴに大きくアピールしてくれます。

キビナゴは、普通1匹をまるごと付けます。

少しぐらい大きくても、カサゴは丸呑みします。

エサが大きいと、大型が喰ってくるもあります。

何個かに切り分けて使う人もいます。


基本には、このようにエサを付けます。

カサゴ釣り 餌 エサ

サバの切り身は、意外と人気の高いエサです。

サバの切り身のみで釣に行く人もいるぐらいです。

縫い刺しで付けます。

この要領で付ければOKです。




どのエサの喰いがよいかはやってみないとわかりません。

そのため、系統の異なるエサを何種類か持って行くことをおすすめします。

そうすれば、まったく釣れないということは回避できるでしょう。

とは言っても、生き物が相手なので、どのエサでも釣れないということはもちろんあります。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事