紀州釣りという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

チヌの人気の釣り方の1つです。

ここでは、紀州釣りの仕掛け(竿・ウキなど)と釣り方のコツについてご紹介します。

スポンサーリンク

紀州釣りとは?

紀州釣りとは、どのような釣りのことを言うのでしょうか?

名前は聞いたことがあるが知らないという人もいるでしょう。

紀州釣りとは、ウキダンゴ釣りとも言われ、文字どおりダンゴを使った釣りです。

少し特殊な釣り方をします。

ダンゴの中に刺し餌を入れて、底まで沈めます。

着底後、崩れたダンゴでチヌを集めて、刺し餌を喰わせます。

着底するまで刺し餌はダンゴの中にあるので、エサ盗りに食べられることはありません。

本当に理想的な釣り方です。

当たりは、ウキの動きで判断できます。

寝ウキを使うと、立つか沈むかで当たりがわかるので、初心者でもすぐわかります。

スポンサーリンク

チヌの紀州釣り仕掛け

チヌの紀州釣り仕掛けについてご紹介します。

紀州釣り仕掛けは、次のとおりです。

紀州釣りの仕掛け(竿・ウキなど)

竿

竿は、磯竿の1号を使うとよいです。

長さは、4~5mぐらいがおすすめです。

ウキフカセ釣りで使う竿と同じでよいです。


リール

リールは、スピニングリールがおすすめです。

サイズは、2000~3000番が使いやすいです。

ウキフカセ釣りで使うリールと同じでよいです。


ライン

ラインは、ナイロン(フロートタイプ)の1.75~2号を巻いておきます。


ウキ

ウキは、寝ウキ棒ウキが使われることが多いです。

基本的には使い分けるとよいです。

ただ、初心者には当たりが取りやすい寝ウキがおすすめです。


寝ウキと棒ウキについてみていきます。

寝ウキ

寝ているウキが立ち上がれば当たりというように、非常にわかりやすいです。

オモリは使いません。

そのため、水深10m未満の場所での釣りに適しています。

ウキ止めを使う場合と使わない場合があります。


棒ウキ

小さな当たりを取りやすいので、繊細な釣りがしたい中上級者におすすめです。

ウキの浮力により、オモリを調整しないといけません。

ウキ止めをセットします。


初心者にはベーシックタイプ2型か、喰い渋り対応3型かのどちらかがおすすめです。 


ハリス

ハリスは、フロロカーボンの1.5~2号をセットします。

長さは、1.5~3mにしておきます。




針は、チヌ針1~5号を使います。

3号から始めるとよいです。

チヌの紀州釣りのポイント

チヌの紀州釣り(ウキダンゴ釣り)のポイントについてご紹介します。

護岸や波止などにはチヌがいます。

釣りをするには、水深が5m以上の場所を探すようにします。


初心者は、あまり潮の影響を受けないポイントの方が釣りやすいです。

そのため、波止の根元に近い場所がおすすめです。

波止のすぐ下には敷石があるので、その向こう側へ仕掛けを投入するようにします。


慣れてくれば、少し沖の方を狙ってみるとよいです。

藻やカケアガリの周辺は好ポイントとなっています。

チヌの紀州釣りの釣り方とコツ

チヌの紀州釣りの釣り方とコツについてご紹介します。

まず、投入前の準備についてです。

ウキ下を調整します。

ゴム管付きのオモリを使います。

これのゴム部分に針を刺して沈めます。

オモリがちょうど着底している時に、ウキの頭が海面にくるぐらいがよいです。


ウキ下の調整が終われば、刺し餌をダンゴの中に入れてしっかり握ります。

ダンゴの真ん中にくるようにします。

おにぎりを握る要領で行います。

紀州釣りの仕掛け(竿・ウキなど)

ここまでできれば、投入前の準備は完了です。

いよいよ仕掛けを投入します。

仕掛けは近距離だけでなく、遠距離にも投入できます。

距離によって投げ方が変わります。

  • 近距離アンダースローで投げる
  • 中距離オーバースローで投げる
  • 遠距離シャクを使って投げる

仕掛けを投入する前に、リールのベイルを返しておきます。


ダンゴの着水後、竿を軽くあおって、ウキを着水ポイント近くにいくようにします。

その後、竿先を海中に入れておくと、糸がふけることなく、ゆっくりラインが出ていきます。

ラインの出が止まれば、ダンゴが着底したという合図です。

しばらく、そのまま待ちます。

そのうち、ダンゴが崩れて、中の刺し餌が飛び出てきます。

すると、ウキが海面まで浮いてきて、最終的に寝た状態になります。

この状態になればOKです。


あとは、ウキから目を離さないようにします。

ウキが立ち上がったり、海中に入ったりすれば当たりです。

当たりがあれば、余分な糸ふけを巻き取って、しっかりと合わせます。

基本的には、どちらで合わせてもよいですが、日によってはどちらかの一方でないとかからないことがあります。


針がかりすれば、巻き上げるだけです。

ただし、無理は禁物です。

強引に巻き上げるのではなく、竿を立てて魚を浮かせるようにして上げるようにします。

最後は、網ですくうようにします。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事