スポンサーリンク

チニングのボトムゲームの仕掛け

チニングのボトムゲームの仕掛けについてご紹介します。

ボトムゲームの仕掛けは、釣り方によっていろいろあります。

ここでは、ボトムゲームの基本的な釣り方であるズル引き仕掛を中心に解説をしていきます。

仕掛けは、次のとおりです。

チニングのボトムゲームの仕掛けと釣り方

ロッド

ロッドはチニングロッドを使います。

長さは、7~8フィートがおすすめです。


リール

リールはスピニングリールがおすすめです。

サイズは、2000~3000番が使いやすいです。


ライン

ラインは、PEを使います。

PEは伸びないので、非常に感度がよく、しかも飛距離が出ます。

0.4~0.8号を使います。


リーダー

リーダーは、フロロカーボンの2~3号がおすすめです。

ルアーの重さに合わせて、細くしたり、太くしたりします。

1~1.5mセットします。


ルアー

ルアーは、一般的にラバージグ&ワームやクランク、バイブレーションが使われます。

詳しいことは今後アップします。

スポンサーリンク

【チニング】ラバージグ&ワームでの釣り方のコツ

チニングにおけるラバージグ&ワームでの釣り方のコツについてご紹介します。

ラバージグ&ワームを使ったズル引きです。

基本的なズル引きの釣り方は次のとおりです。

まず、川でも海でも、どちらに水が流れているのかを確認します。

確認後、必ず水が流れてくる方向(川上・潮上)にキャストします。

チニングのボトムゲームの仕掛けと釣り方

ルアーを底まで沈めます。

着底後、ロッドを立ててズル引きを始めます。

リールをゆっくり巻き続けるだけでよいです。

ただし、ナイトゲームゆっくりでよいですが、デイゲームでは見切られてしまうので、速巻きがおすすめです。

基本的には、ズル引きの際は止めずに引き続けます。

もちろん、“巻いては止め”を繰り返すのもOKです。

ただ、長い時間止めるのはよくありません。


ルアーは、こちらに引き寄せられてくるだけでなく、水にも流されています。

そのため、弧を描くように引かれていることになります。

このルアーの動きが、チヌへのよいアピールになります。

ルアーが程よく流され、ロッドに負荷がかかり過ぎないようにルアーの重さを調整します。


重さの調整がきちんとできれば、底の変化の状況などがわかるようになります。

ボトムに変化がある場所にチヌがいるので、そこを狙うようにします。


ルアーを引く時、ロッドを立てる操作で引くと当たりが取りやすいです。

引く速さに変化をつけると効果的です。

例えば、ゆっくり20cmを2回引いた後、速く20cm引くなど。

ゆっくり、ゆっくりの後の速くだけに、チヌも思わず飛びついてしまうのです。


また、ラバージグ&ワームはボトムバンプさせて底を探ることもできます。

ボトムバンプとは、底を飛び跳ねるようにルアーを動かすことです。

2~3回シャクッてからのカーブフォールでも喰わせることができます。

【チニング】クランクでの釣り方のコツ

チニングにおけるクランクでの釣り方のコツについてご紹介します。

キャストして、底へ沈めるところまでは同じです。

着底後、ただ巻きを始めます。

しばらくすると、底に着くので、少し浮かせて、再度ただ巻きを行います。

こうすることで、ボトムを叩くような形になり、よい誘いがかかります。

後は、これを繰り返します。

【チニング】バイブレーションでの釣り方のコツ

チニングにおけるバイブレーションでの釣り方のコツについてご紹介します。

キャストして、底へ沈めるところまでは同じです。

着底後、ただ巻きを始めます。

しばらくすると、巻くのを止めて底まで沈めます。

着底後、再度ただ巻きを行います。

後は、これを繰り返します。

【チニング】当たりがあったら

小さな当たりで合わせてもフッキングしません。

そのため、小さな当たりしかない場合はそのまま巻き続けます。

大きな当たりがあれば、しっかりと合わせます。

小さな当たりはあっても、なかなか大きな当たりまで行かない時は、巻くのを止めると喰ってくることがあります。


フッキングしても、強引なやり取りは禁物です。

ロッドの弾力やドラグの効果をうまく利用して、無理なく寄せるのがポイントです。

【チニング】ジグヘッド&ワームでも面白い

チニングにおけるジグヘッド&ワームでの釣り方のコツについてご紹介します。

ジグヘッド&ワームを使っても、チヌは釣れます。

ジグヘッドは、着底がわかる中でもっとも軽いものを選びます。


夜釣りなら、ジグヘッドをズル引きするだけで食ってきます。

日中の釣りにおいては、ズル引きではすぐに見切られてしまいます。

そのため、リフト&フォールフォールでリアクションバイトを誘うような釣り方がよいです。

リフト&フォールは、それほど高く上げる必要はありません。

10~20cmほどで十分です。

フォールの際は、ラインを張らず緩めずのテンションをキープします。

そうすれば、当たりを取りやすいです。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事