チヌによく似ていることで知られているキビレ。

チヌ釣りに行くとよくキビレが釣れます。

もちろん、キビレをメインにする釣り人もいます。

ここでは、キビレ釣りの時期・時間帯などについてご紹介します。

スポンサーリンク

キビレとは

キビレは、スズキ目タイ科クロダイ属に分類される魚です。

茨城県~九州南岸の太平洋側と兵庫県~九州南岸の日本海側に生息しています。

西日本に多く、関東には少ないです。

主に内湾汽水域にいます。

キビレ釣りの時期・時間帯

50cmぐらいまでの大きさにしかなりません。

名前のとおり、腹びれ・尻びれ・尾びれが黄色いです。

ぱっと見では、ひれの色以外はチヌと見分けがつきません。

実際は、側線の上の鱗の数も異なります。



キビレの産卵時期はです。

チヌとは産卵時期が異なります。

キビレの旬は、春~夏となっています。

春になると、脂が乗り始めます。

産卵直後は美味しくないと言われています。

スポンサーリンク

キビレ釣りの時期

キビレ釣りの時期についてご紹介します。

キビレ釣りは、春~秋にかけての暖かい時期がおすすめです。

ベストシーズンは、夏(7~8月頃)です。


になって、水温が上がり始めるとキビレの活性が高まってきます。

5月頃から狙うとよいです。


になると、キビレは秋の産卵に備えて荒食いします。

エサを求めて活発に動き回ります。

活性が高いので非常に釣りやすいです。

河口や浅場には、チニングでキビレ・チヌを狙う釣り人が多くなります。


は、キビレの乗っ込みの時期です。

大型の個体も狙えます。

ただ、産卵や産卵後すぐのタイミングは喰いが渋くなります。

しばらくすると、越冬に備えて栄養分を蓄えるために喰いがよくなります。


は、水温が下がるのでキビレの活性が低くなります。

ただ、まったく釣れないわけではありません。

特に、大阪湾では冬にも狙えることで知られています。

実績のある釣り場に行くとよいです。

キビレ釣りの時間帯

キビレ釣りの時間帯についてご紹介します。

トップウォーターゲームにおいて、水面まで浮いてきて喰ってくるキビレを見ると大興奮します。

日中でないとそのシーンを見ることは難しいです。

キビレ釣りは、日中に狙われることが多いです。

実際のところ、普通に日中でも釣れます。


ただ、おすすめの時間帯があります。

それは他の魚もよく釣れると言われる朝夕マズメです。

キビレの活性が高くなって喰いがよくなります。


では、夜間はどうなのでしょうか?

キビレ釣りは、夜間にあまり行われないような気がします。

しかし、夜釣りをする釣り人は多いです。

夕マズメ以降は、警戒心が緩んで釣りやすいためです。

夜釣りに行くのもよいでしょう。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事