最近は、チヌをターゲットとしたルアーフィッシングが人気です。

湾奥では、シーバス釣りの人気が圧倒的でした。

しかし、チヌ釣りの人気が急上昇してきました。

シーバス釣りと違って、チヌ釣りの方がポイントが多いのが理由です。

ハードルアーで狙うと、さまざまなメリットがあります。

ここでは、チヌのハードルアーを使ったタックルと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

チヌ釣りにハードルアーがおすすめの理由

チヌ釣りにハードルアーがおすすめの理由についてご紹介します。

チヌのルアー釣りと言えば、ワームでボトムを探っていく釣り方が一般的です。

ただ、ハードルアーで狙うと、さまざまなメリットがあります。

よく使われるハードルアーとしては、メタルのハード系やプラグなどです。

ハードルアーを使うと、根が荒い釣り場において、チヌが口を使ってくるレンジのキープとスピードの調整を行いやすいです。

ルアーを底から少し浮かせて引いてくる釣り方に適しています。

そのため、根掛かりのリスクが低くなります。


他にもメリットはあります。

それはワームで狙うよりも大きなチヌが釣れる確率が高いことです。

60cmクラスや70cmクラスのチヌが狙えます。

スポンサーリンク

チヌのハードルアーを使ったタックル

チヌのハードルアーを使ったタックルについてご紹介します。

タックルは、次のとおりです。

チヌのルアータックルと釣り方【ハードルアー】

ロッド

ロッドはシーバスロッドを使います。

チヌのアタリは、張りがやや強い方がアタリを取りやすいです。

そのため、MLクラスのものがおすすめです。

チヌ釣りに対応したルアーロッドでもOKです。

使用するルアーの重さに注意が必要です。

長さは8~9フィートです。

長めの方が、ロッド操作で根掛かりを避けやすいです。

リール

リールは、スピニングリールでもベイトリールでもよいです。

スピニングリールであれば、レバーブレーキ付きがおすすめです。

ドラグをきつく締めて、レバーブレーキで対応します。

このようにすることで、チヌの突っ込みを抑えることができ、しっかりフッキングさせることができます。

ベイトリールは、クラッチを切ることで同じような効果が見込めます。

サイズは、どちらも小~中型が使いやすいです。

ライン

ラインはPEの1号前後を使います。

リーダー

リーダーは、フロロカーボンの4~5号を使います。

ラインとはFGノットなどで結束します。

回収の都度、リーダーに傷などが入っていないかをチェックします。

ルアー

ルアーはハードルアーを使います。

バイブレーションやシャッド、ブレード系などがおすすめです。

ルアーのサイズは5~8cmがおすすめです。

カラーは、チャートグリーンゴールドが人気です。

シルエットを見せたい時はブラック、水が澄んでいる場合やチヌがフラッシングを嫌う場合はクリアが有効です。

フック

フックは、フロントとリアの両方にセットします。

トレブルを使います。

あまりにも根掛かりが多い場合は、フロントを外した方がよいです。

ただ、フロントフックでフッキングすることが多いので、できる限り付けておいた方がよいです。

【チヌ釣り】バイブレーションの特徴

チヌ釣りにおいては、バイブレーションがおすすめです。

バイブレーションは、チヌが口を使うレンジを狙いやすいです。

速い~ゆっくりまでさまざまな速さで引いてくることができます。

激しくアクションさせたり、まったく動かさないことも可能です。

軽いので、流れに乗せて泳がせることもできます。

バイブレーションはいろいろな誘い方が可能で、初心者にも使いやすいです。

【チヌ釣り】シャッドの特徴

シャッドは、潜って魚にアピールするルアーです。

フローティングタイプとシンキングタイプがあります。

潜行深度はルアーによって決まっています。

基本的には、深場ではあまり使いません。

ゆっくりただ巻きで引いてくるだけでよいです。

ジャークトウィッチで誘うのも効果的です。

チヌのルアータックルと釣り方【ハードルアー】

【チヌ釣り】ブレード系の特徴

ブレード系はアピール力の強いルアーです。

高活性の魚を狙っていく釣りで威力を発揮します。

手返しよく釣っていけます。

ただし、アピール力が強いが故にスレやすいです。

水深が深くても使えます。

チヌ釣りのポイント

チヌ釣りのポイントについてご紹介します。

定番のポイントとしては、次のものを挙げることができます。

  • 川のカーブ
  • ワンド
  • ヨレ
  • 敷石周り

特に、足元の敷石周りがおすすめです。

敷石が傾いていたり、くぼんでいるところは要注意です。

ちょっとした変化のある場所に潜んでいることが多いです。

チヌのハードルアーでの釣り方

チヌのハードルアーでの釣り方についてご紹介します。

まず、仕掛けを狙ったポイントへキャストします。

基本的には底付近を狙っていきます。

底から10~20cm上を引いてきます。

流れの強さなどを考慮して、リールを巻く速さを調整します。

たまに底の障害物に当たるぐらいが理想です。


引いてくる速さやアクションの大きさは、チヌの活性によって変えます。

高活性の場合は、速く大きくアクションさせると効果的です。

逆に、低活性の場合ゆっくり小さくアクションさせるとよいです。

チヌ釣りでハードルアーがおすすめな時間帯・潮回り

チヌ釣りでハードルアーがおすすめな時間帯・潮回りについてご紹介します。

ハードルアーは、下げ潮で流れが強い時に好結果が出ることが多いです。

流れが緩い時や上げ潮の時は、ワームで狙うのがおすすめです。


大潮前の中潮に釣りに行くと、大型が釣れやすいです。

数もよく釣れます。

下げ始めから潮が利くまでがおすすめです。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事