タチウオワインドは、ずっと誘いを掛け続けないといけない釣りです。

それだけにリールの選択は重要です。

ここでは、タチウオワインドのリールの番手などの選び方やおすすめについてご紹介します。

スポンサーリンク

タチウオワインドで使うリールの選び方

タチウオワインドで使うリールの選び方についてご紹介します。

リールは、スピニングリールを使います。

スピニングリールは、バックラッシュがないので、ロングキャストしやすいです。

飛距離が出るリールを使わないと、広範囲を探れないので大きな不利となります。


ハイギアタイプのリールを選ぶと、速巻きがしやすいです。

ノーマルギアタイプと比較すると、ハイギアタイプはハンドル1回転に対するラインの巻き取り量が大きいです。

速巻きで誘ったり、仕掛けを素早く回収できたりと、大変便利です。

タチウオがかかった時も、やり取りが楽です。


だからと言って、ハイギアタイプでないといけなというわけではありません。

ノーマルギアタイプの方が釣りやすいことがあります。

タチウオは泳ぐのが得意ではないので、あまりにも速く巻きすぎるとルアーに追いつけません。

そのため、基本的には普通~ゆっくりの速さで巻いてくることが多いです。

普通~ゆっくりの速さで巻く場合は、ノーマルギアタイプの方がよいです。


どちらのタイプにも、それぞれメリット・デメリットがあります。

最終的には好みで選べばよいです。

個人的には、ハイギアタイプをおすすめします。

タチウオのワインドリールの番手などのおすすめ

サイズは、2500~3000番が使いやすいです。

サイズが大きいと巻くのは楽ですが、その分重くなるので疲れやすくなります。

その辺のバランスを考えることが大切です。


あまり難しく考えると決められないので、まずは必要な号数のラインを必要な量だけ巻けるものを選ぶようにすればよいです。

巻くラインによって、サイズはおのずと決まります。


あまりにも安いリールはおすすめしません。

ワインドは、何度もキャストして巻いてくる釣りです。

非常にリールを酷使します。

そのため、安いリールではすぐに壊れてしまいます。

ある程度の耐久性を持ったリールを購入しようとすれば、中級クラス以上のリールになります。

予算と相談して決めるとよいです。

スポンサーリンク

タチウオワインドのリールのおすすめ

タチウオワインドのリールのおすすめについてご紹介します。

  • ダイワ フリームス 2508
  • ダイワ ルビアス 2506
  • ダイワ Xファイア 2510PE-H
  • シマノ ナスキー 2500HGS


リールの詳しい解説は準備中!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事