タチウオワインドはよく釣れると話題の釣り方です。

どのラインを選ぶかで釣果に差が出ることがあります。

ここでは、タチウオワインドのラインの太さ・長さとおすすめについてご紹介します。

スポンサーリンク

タチウオワインドのラインの太さ・長さの選び方

タチウオワインドのラインの太さ・長さの選び方についてご紹介します。

ワインドで使うラインはPEがおすすめです。

伸びないので、非常に感度が高く、タチウオの繊細な当たりを逃しません。

また、誘いを掛けた時に、力が効率的にルアーに伝わります。

それによって、キレのあるダートアクションが可能となり、タチウオによりアピールすることができます。

さらに、PEは強度があるので、細い号数を使えます。

細いと、空気抵抗が少なくなるので飛距離がアップします。

ただし、風に弱く、根ズレに弱いという弱点もあります。

タチウオワインドのラインとリーダーの太さ・長さ

PEの太さは、0.6~1号を使います。

最低でも150mは巻いておきたいです。

いつライン切れを起こすかわからないためです。

スポンサーリンク

タチウオワインドのラインのおすすめ

タチウオワインドのラインのおすすめについてご紹介します。

  • よつあみ(YGK) PEライン G-soul スーパージグマン X8
  • デュエル PEライン ハードコア X8


ラインの詳しい解説は準備中!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事