おかっぱりからのタチウオ釣りと言えば、ワインドが人気です。

最近では、スローワインドで狙う人が増えています。

スローワインドとはどのような釣り方なのでしょうか?

ここでは、スローワインドの仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

スローワインドとは

タチウオは、ルアーの直線的な動きだけでは喰わないことがあります。

そこで、誕生したのがワインドです。

ワインドはルアーが左右に大きく動きます。(ダート

この動きはタチウオの食い気をアップさせます。


スローワインドは、シャクリとシャクリの間に間を持たせる釣り方です。

ゆっくりシャクることを意味しているわけではありません。

どうして間を持たせるのかというと、フォールをうまく活用するためです。

スローワインドは、ワインドの左右の動きに、フォールという動きを加えました。

スローワインドの仕掛けと釣り方【タチウオ】
スポンサーリンク

スローワインドの仕掛け

スローワインドの仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは次のとおりです。

スローワインドの仕掛けと釣り方【タチウオ】

ロッド

ロッドは、スローワインド対応のロッドを使います。

ワインド専用ロッドでもOKです。

長さは8~9フィートが扱いやすいです。


リール

リールはスピニングリールを使います。

サイズは2500~3000番がおすすめです。


ライン

ラインは、PEの0.8号を使います。


リーダー

リーダーは、フロロカーボンの5号を使います。

長さは1ヒロです。


ワイヤーリーダー

ワイヤーリーダーを使います。

タチウオの鋭い歯で切られるのを防止するためです。


ジグヘッド

ジグヘッドのカラーは、シルバーグローがおすすめです。

全体のボリュームを小さめにしたい時はシルバーがおすすめです。

逆に、ボリュームを大きめにしたい時はグローを使います。


重さについては、よく使うのは18g21gです。

夕マズメなど、タナが浅くて手前で喰う時は14gを使うとよいです。


ワーム

ワームのサイズは90mm前後のものを使います。

カラーについては次のとおりです。

潮が濁っている時は、ピンク系オレンジ系を使います。

潮が澄んでいる時や明るい時間帯は、ケイムラ系クリア系を使います。

タチウオはホワイト系が好きです。

暗い時は、グロー系がおすすめです。

ジグヘッドもグローを使うとよいです。


フック

フックはトレブルフックを使います。

トレーラーフックは必須です。

スローワインドの釣り方

スローワインドの釣り方についてご紹介します。

まず、仕掛けをキャストします。

狙いのタナまで沈めば、誘い始めます。

基本的には、ワンピッチジャークで誘います。

ロッドを大きくシャクリ上げ、一瞬止めます。

その後、ロッドを下げる際にリールを1~2回転巻きます。

一瞬止めるのが、スローワインドの重要な点です。

これが間です。

あとは、これを連続で行います。


明るいうちは、タチウオがまだ接岸していません。

そのため、できるだけ遠投して深めのタナを探るようにします。

重めのジグヘッドで、底から中層までを探ります。


暗くなってくると、少し軽めのジグヘッドを使い、ワームに発光体をセットします。

カラーはケイムラを使います。

日が沈むまではケイムラが強いです。

ほとんど沈めず、浅いタナを狙います。

反応がイマイチなら蛍光カラーにします。

手前で釣れるようになれば、遠投はしません。

その方が効率がよいためです。


2~3回やってダメなら、ワームのカラーやジグヘッドの重さ、誘い方を変えるとよいです。

同じことを続けていても、喰う可能性が低いためです。


アタリは誘いをかけている時にガツンときます。

アタリがあれば、合わせて巻き上げます。

無理をせず、ゆっくり巻いてきます。

目の前までくれば、タチウオを抜き上げます。

スローワインドのシャクリ方

スローワインドのシャクリ方についてご紹介します。

仕掛けをキャストして、狙いのタナまで沈めます。

グリップエンドをロッドを持つ手の肘に当てます。

この状態で腕全体でシャクります。

このようにすれば非常に楽です。

手首だけでやると疲れます。


上でも述べましたが、ロッドを大きくシャクリ上げ、下げる際にリールを1~2回転巻きます。

ただし、シャクり上げた際に間を持たせます。

つまり、一瞬止めます。

あとは、この間を長くするのか、短くするのかです。

深いタナを攻めるのなら、間を長く取った方がよいです。

ルアーが浮いてこないためです。

逆に、浅いタナを攻めるのなら、間を短く取った方がよいです。

ルアーが少しくらい浮いても問題ないためです。

武庫川一文字のタチウオ釣りの時期など

武庫川一文字は、関西屈指のタチウオワインドの聖地です。

平均水深が深いのでタチウオが寄りやすいです。

武庫川から川の水が流れ込むので、非常にベイトが集まりやすいです。

主なベイトはイワシです。

夏から晩秋にかけてタチウオ釣りが楽しめます。

夏タチは7~8月、秋タチは9月から始まります。

12月ぐらいまで釣ることができます。

晩秋から大型をよく釣れるようになります。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事